​伊 藤 豊 雄

建築家。韓国ソウル生まれ。長野県で少年時代を過ごす。1965年(昭和40)東京大学工学部建築学科卒業。1965年から1969年まで、菊竹清訓(きくたけきよのり)建築設計事務所勤務。1971年、建築設計事務所アーバン・ロボット設立。この名称は、1960年代の楽観的なテクノロジーのイメージを反映したものである。1979年伊東豊雄建築設計事務所に改名。東京大学、早稲田大学、日本女子大学などで教鞭をとる。
 1970年代の伊東は、外界に対して閉じた作品を多く発表した。初期の代表的な作品である東京・中野本町の家/White U(1976)は、U字型の平面と白いトンネルのように湾曲する内部空間をもち、内向的な住宅の典型例といえる。また、当時の伊東は、東京工業大学篠原一男研究室のメンバーや評論家多木浩二(1928―2011)との交友関係から、奥行きやヒエラルヒーのない、ドライな建築に興味を抱く。黒の回帰(1975)や中央林間の家(1979)などの住宅作品には、篠原一男の影響もうかがえる。笠間の家(1981)では、建築の輪郭や遠近法の距離感覚を消し、形態の断片が宙に浮遊する白い空間を試みている。
 だが、1980年代から伊東の作品は都市に向かって開いていく。電子テクノロジーやメディアの発達に伴う新しい身体感覚に対応する空間を追求し、皮膜のデザインを強調した。自邸のシルバーハット(1984。日本建築学会作品賞)は、軽やかなボールト屋根(アーチ状の屋根)を連続させる。パンチングメタルにおおわれた横浜の風の塔(1986)は、周辺環境の見えない変化を光のパターンとして可視化するメディア的なオブジェである。レストラン・ノマド(1986、東京都)は、遊牧民のテントに着想を得て、風に舞う布のような浮遊感を表現した。こうしたデザインの傾向は、バブル経済の時代の雰囲気にも対応している。しかし、伊東は建築が消費社会の波にのみこまれることを認めながらも、それを否定することなく、いかに建築が可能であるかを追求した。
 1990年代は、八代市立博物館(1991、熊本県。毎日芸術賞、BCS賞)以降、公共施設を手がけるようになり、下諏訪町立諏訪湖博物館(1993、長野県)や長岡リリックホール(1996、新潟県)など、日本各地でプロジェクトを展開した。デザイン的な特徴としては、中目黒Tビル(1990、東京都)などの透明・半透明なガラス、大川端リバーシティ21・タウンゲート「風の卵」(1991、東京都)や養護老人ホーム八代市立保寿寮(1994、熊本県)などの楕円形が挙げられる。その後伊東は、公共施設の仕事を通じて、形態の表現よりもプログラムに関心を寄せるようになり、文化施設、大社文化プレイス(1999、島根県)などフラットな空間を提示する。
 さらに新しい建築のモデルとして、コンビニエンス・ストアに注目、現代都市の状況から影響を受けつつ、流動的な空間のイメージを追求している。2001年(平成13)のせんだいメディアテーク(宮城県。グッドデザイン賞)は、情報化の時代における建築のプロトタイプを提示した。特徴の第一は、垂直な柱を規則正しく並べる代わりに、くねる網目状のチューブ(内部が空洞の柱)をランダムに配置。第二に、実体感のある壁の代わりに、薄いガラスをスキン(皮膜)のようにはめていること。そして第三に、厚みのあるスラブ(鉄筋コンクリートの床)の代わりに、極薄のプレート(コンクリートの床)を用いた点などである。
 2000年からは海外での作品も増えている。ハノーバー万博のテーマパーク「ヘルス・フューチュアズ」(2000、ドイツ)は、幻想的な情報空間のインスタレーションである。またブリュージュ・パビリオン(2002、ベルギー)やサーペンタイン・ギャラリー・パビリオン(2002、ロンドン)では、独特なパターンにもとづく画期的な構造をとり入れ、柱・梁・スラブによらない建築を実現した。
 AIA(アメリカ建築家協会)名誉会員、ノースロンドン大学名誉教授。そのほかの主な建築作品にホテルD(1977、長野県)、PMTビル(1978、愛知県)、サッポロビール北海道ゲストハウス(1989。村野藤吾賞)、大館(おおだて)樹海ドーム(1997、秋田県。芸術選奨文部大臣賞、日本芸術院賞)、桜上水K邸(2000)、東雲(しののめ)キャナルコートCODAN(2003)のほか、展覧会展示作品「東京遊牧少女の包(パオ)」(1985)などがある。著書には『風の変様体』(1989)、『透層する建築』(2000)などがある。2010年世界文化賞、2013年プリツカー賞受賞。[五十嵐太郎]
『『別冊新建築 日本現代建築家シリーズ12 伊東豊雄』(1988・新建築社) ▽『風の変様体――建築クロニクル』

​~  関連書籍  ~
000000000000000000000000000
000000000000000000000000000
000000000000000000000000000
000000000000000000000000000
​~ 関連する建築思想 ~
0000000000000000000000000

00000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000

000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000

全国ケンコミは全国の建築学生があつまるオンライン学生団体です。様々なアプリケーションを使い最先端なシステムを構築しております。

全国の建築学生に向けて有意義な建築学生生活が送れるよう、建築学生に関する情報やデータを集積させ発信しております。

​日本の建築家からは多くの設計概念や思想を得ることができ、今後建築設計を行う上で重要な役割を果たします。

​世界の建築家からは日本では得られないインスピレーションを受けることができ建築設計を行う上で重要な役割を果たします。

建築設計やデザインを行う上でのプロセスやデザインアイディア、提案方法、評価基準などを多くの知識を知ることができます。

​建築設計を行う上で役立つプレゼンテーションに必要なモデリングやCAD、解析などの操作方法やパターンを紹介しております。

​全国ケンコミ実行委員会・全国建築学生代表会議のメンバーと活動理念、連絡先などを紹介しています。

Zenkoku Kenkomi​ Professional Site 全国建築設計研究所・全国建築学生賞・全国建築学生代表会議・全国ケンコミ実行委員会一同

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now