​全国ケンコミ建築設計研究所
​これからの建築を考える

この日本には課題がたくさんある課題先進国であるが一方で課題解決先進国でもある。

今現在も多くの課題を解決するためたくさんの人が考えている。建築学生もその一人になろう。みんなで協力して考えていくべきだ。様々な方の教訓を建築の視点でとらえアーカイブを行う。

​~ Session1 建築と都市 ~
​第1章 住宅街に調和する

隈研吾:十和田市民交流プラザ

十和田市の中心部に、木でできた市民のための交流施設をつくった。小さな屋根が反復するファザードによって、小さな住宅が並ぶ既存の町並みとの融合をはかった。地元の木材(杉)のハメ板を、スキマをあけて外壁に貼ることによって、暖かく軽やかな印象を、北国のストリートに与えることができた。

前面のストリートを内部にも延長させた「みちの広場」は長い冬の間の交流の場となり、この「みちの広場」に面して、子供たちのためのプレイルームや料理教室、和室などが配置されている。

妹島和世+西沢立衛:荘銀タクト鶴岡

鶴岡市は歴史的な低層建築がいくつも残り、静かで美しい街です。その中心部に建つ旧市民会館は、鶴岡市民にとても愛された建物です。大ボリュームの威圧感と周囲の低層の街並みをどう繋げるかということが一つの課題となりました。ここで私たちが考えたのは、周囲から一番遠い敷地中央部分に巨大なボリュームとなるフライタワーを配置して、フライタワーの周辺に下屋のような形で屋根を付随させて、屋根が外周に向かって低くなり、道路沿いでは平屋となり、それによって隣接する致道館や周辺の住宅を中心とした街並みとの調和を目指しました。

 コンセプト ~

このサイトは様々なサイトや学生団体をまとめるある種「建築学生の教科書的役割」を果たしています。サイトの情報は先輩から後輩へ引き継ぎ共有していくため日々更新を続け成長していきます。全国の全建築学生が共有できるよう友達にサイトを共有しよう。 リンク

 サイトマップ ~
 コメント ~

​このサイトは建築設計を取り組む全国の建築学生へ先人の設計知識を共有し建築設計のレベルを上げるために作成しました。設計が就職するためや賞歴をつくるために終わらず設計をもっと楽しく新たな可能性に挑戦してくれると願っております。(清水)

Zenkoku Kenkomi​ 2020 ParticipatoryArchiveMedia

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now