​隈 研 吾

建築家。神奈川県生まれ。1959年(昭和34)、東京大学工学部建築学科卒業。1964年東京大学数物系大学院建築学専攻博士課程修了。同年、東洋大学工学部建築学科助教授。1967年には当時の社会状況を踏まえつつ、緻密な理論体系によって建築の可能性を追究した著書『建築に何が可能か』を出版し、建築界にとどまらず、広く注目を集める。ここでは、「閉じた空間に孔(あな)をあける」という視点から建築を構想する「有孔体(ゆうこうたい)の理論」が詳細な形で展開された。この「有孔体の理論」を具体化した作品としては、原の実質的な処女作となる伊藤邸(1967)や慶松(けいしょう)幼稚園(1968、東京都)などがあげられる。1969年、東京大学生産技術研究所助教授。1970年以降、アトリエ・ファイ建築研究所との協同による設計活動を開始。1982年、東京大学生産技術研究所教授。

1997年(平成9)、東京大学を退官。同年、東京大学名誉教授。[南 泰裕]

『『建築に何が可能か』(1967) 

『空間〈機能から様相へ〉』(1987) 

『住居に都市を埋蔵する――ことばの発見』(1990) 

『集落の教え100』(1998・彰国社)

『集落への旅』(岩波新書) 

『住居集合論』1~5(1973~1979)』

「反射性住居」原広司邸 

二十数年前の作品。対称のかたちを持った住宅です。この頃、私は反射性住居という一連の住宅をつくっていました。私の家は南北の軸を持っていて、その軸にそって実際に光が入ってきます。すると、光と影によって対称性が崩れていきます。一日のうちにシンメトリーが崩れていく状態を現象するかたちで計画したのです。ですから、一日に一度は光と対称軸が合います。時間的状態の変化が、本来持つ対称形プランと一致し、光と影がその対称性とピタリと合う瞬間を持つような室内を計画しました。トップライトから第二の屋根と呼ばれるそれを通して実際に光が入ってきます。夜になると、その部分に光がともるのですが、たまたま人がいる部屋が全体の照明となり、偶然的にまわりの部屋に光がともっていきます。そして、それが全体のリビングルームの状態をつくります。夏になると庭に葉が茂って自然冷房ができ、冬になると葉が落ちて日が当たる日本の伝統的な庭の仕組みも取り入れています。

 コンセプト ~

このサイトは様々なサイトや学生団体をまとめるある種「建築学生の教科書的役割」を果たしています。サイトの情報は先輩から後輩へ引き継ぎ共有していくため日々更新を続け成長していきます。全国の全建築学生が共有できるよう友達にサイトを共有しよう。 リンク

 サイトマップ ~
 コメント ~

​このサイトは建築設計を取り組む全国の建築学生へ先人の設計知識を共有し建築設計のレベルを上げるために作成しました。設計が就職するためや賞歴をつくるために終わらず設計をもっと楽しく新たな可能性に挑戦してくれると願っております。(清水)

Zenkoku Kenkomi​ 2020 ParticipatoryArchiveMedia

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now