​村 野 藤 吾

佐賀県東松浦郡満島村(現唐津市)で代々船問屋を営む家の一男第三子として生まれた。生後すぐから12歳頃まで乳母の元に預けられ、その後両親の住む福岡県遠賀郡八幡村で育った。1910年、福岡県小倉工業学校機械科を卒業後、八幡製鐵所に入社。1911年から2年間にわたる従軍中、学問に興味を持ち、1913年早稲田大学理工学部電気工学科に入学。しかし、自分には向かないと考え、1915年、同大建築学科へ転学。27歳で卒業した。1918年渡辺節建築事務所に入所。日本興業銀行本店、ダイビル本館、綿業会館等の設計に携わった。渡辺からは、建築に費用を惜しまないことが客を呼び、ひいては施主の利益になることを叩き込まれる。1929年、渡辺節建築事務所を退所し、村野建築事務所開設。日中戦争・第二次世界大戦中は実作の機会は少なく、不遇の時期を過ごした。1949年、村野・森建築事務所に改称。1955年日本芸術院会員。1967年文化勲章受章。日本芸術院賞、日本建築学会賞など受賞多数。

代表作の一つ、日生劇場1963年築)は花崗岩で仕上げた古典主義的な外観やアコヤ貝を使った幻想的な内部空間などが、当時の主流であったモダニズム建築の立場から「反動的」といった批判も受けた。1968年からは迎賓館本館(旧赤坂離宮)の改修も手がけた。また、村野は和風建築の設計にも手腕を発揮し、戦後の数寄屋建築の傑作として知られる佳水園なども設計した。大阪を拠点に創作活動を行い、建築批評界では丹下健三とよく比較された。90歳を超えても創作意欲は落ちず、死の前日まで仕事をしていた。

2005年宇部市渡辺翁記念会館村野の作品として初めて国の重要文化財に指定された。翌2006年世界平和記念聖堂1953年築)が、丹下健三の広島平和記念資料館1955年築)とともに、戦後建築としては初めて重要文化財(建造物)に指定された。

【関連人物】

ル・コルビュジエ

アントニン・レーモンドーフランクロイドライト

日生劇場 1963年 DOCOMOMO JAPAN選定

日本生命日比谷ビル・日生劇場は建築家村野藤吾の代表作のひとつで、1963年9月竣工(設計:村野・森建築事務所、施工:大林組)。鉄骨鉄筋コンクリート造8階建、地下5階。オフィス部分と日生劇場から構成される複合ビルである。

劇場の客席天井・壁は音響効果上、うねるような曲面で構成されており、天井には2万枚ものアコヤ貝の貝殻が散りばめられている[4]。建築界においては、花崗岩で仕上げた古典主義的な外観やアコヤ貝を使った幻想的な内部空間などが、当時の主流であったモダニズム建築の立場から「反動的」といった批判も受けた。

2006年には、日本生命日比谷ビルと合わせてDOCOMOMO JAPAN選定 日本におけるモダン・ムーブメントの建築に選ばれている。

渡辺翁記念会館 1937年 重要文化財

村野の設計による同記念館は、戦前期の前衛建築として最高傑作の一つに数えられ、1997年(平成9年)6月12日には登録有形文化財に、2005年(平成17年)12月27日には村野の作品として初めて国の重要文化財に指定された[3]

建物は鉄筋コンクリート構造(会堂部分は鉄骨鉄筋コンクリート構造。外壁は黒褐色タイル張りとする。客席両脇の側廊などが後に増設されているが、おおむね竣工当初の形態を残している。会館前のテラスには正面に長方形の「記念碑」、左右に3本ずつ計6本の「記念柱」があり、これらは会館を寄贈した7つの企業を象徴している。

世界平和記念聖堂 1954年 重要文化財

建築家村野藤吾設計によるRC造、三廊式バシリカの教会堂で、1950年(昭和25年)8月6日に着工され、1954年(昭和29年)8月6日に竣工した。2006年(平成18年)7月5日には重要文化財に指定されている。建築設計にあたり、第二次世界大戦後の日本建築界の幕開けを告げる最大級の建築設計競技(コンペ)が行われ、2等には丹下健三ら2名が選ばれたが、1等は該当者なしとされた。そこで後に審査員であった村野藤吾が自ら設計することになったが、この経緯は建築設計競技の公平性や審査のあり方について、当時の建築界に今日まで尾を引く議論を呼んだ。

新歌舞伎座  1954年 DOCOMOMO JAPAN選定

客席は三層、収容人員は1,638名。「観光劇場」と銘を打ち、唐破風の人目を引くデザインは村野・森建築事務所(村野藤吾)の手によるもので、内装も豪華な造りとなっていた。ただし、歌舞伎興行に不可欠の回り舞台は敷地の関係から設置を断念したため、スライディングステージで代用していた。

かつてダイエーグループだった名残で、閉館まで1階に同じダイエーグループであったローソンの新歌舞伎座店が併設されていた。跡地は2012年3月に冠婚葬祭大手のベルコが買収し、建物は工事用のフェンスに覆われた状態でしばらく残されていたが2015年に解体された。2019年(令和元年)12月1日に本建物の意匠を継承させ建て替わった結婚式場とホテルなどの複合施設「ホテルロイヤルクラシック大阪」がオープンした。建築設計は隈研吾

2012年(平成24年)にはDOCOMOMO JAPAN選定 日本におけるモダン・ムーブメントの建築に選ばれた。

旧千代田生命保険  1954年 BCS賞

千代田生命保険相互会社(ちよだせいめいほけん)は、かつて存在した日本の生命保険会社。2000年に経営破綻し、2001年にAIGスター生命保険株式会社へ包括移転されたが、その後プルデンシャル・ファイナンシャルが買収した事に伴い2012年1月にジブラルタ生命保険へ吸収合併され、同社に承継されている。本社ビルは村野藤吾設計により東京都目黒区中目黒のアメリカンスクール跡地に1966年に建てられた。経営破綻後は目黒区に売却され、現在は内装等を大きく改装し、目黒区役所(目黒区総合庁舎)となっている。

東京都目黒区中目黒にある村野藤吾氏が設計したオフィスビル「千代田生命保険」1966年に千代田生命保険本社ビルとして建てられ、2003年からは目黒区役所として使われています。村野藤吾氏の代表作の一つで、アルミ鋳物のファサードが特徴の建物です。この作品で1969年にBCS賞を受賞していますよ。

そごう大阪店  1935年 

1877年の心斎橋移転以来、隣接する大丸とは呉服店・百貨店として競合関係にあったが互いに切磋琢磨し合い、結果的に心斎橋筋商店街全体の活性化につなげた。
しかしながら、昭和初期になるとターミナル駅梅田が登場する。バブル崩壊後、中心市街型店舗の当店や北浜の三越(2005年閉店)、日本橋から天満橋へ移転するも駅のターミナル性低下に苛まれた松坂屋(2004年閉店)は低迷が顕著化するようになり、最終的には株式会社そごうの経営破綻と共に2000年に閉店へと追い込まれた。長らく親しまれていた、そごう大阪店の建物は1935年に完成し、アールデコ様式で村野藤吾の設計による。
建物内にはシンボルゾーン「光の樹」。藤川勇造作のシンボルモニュメント「飛躍の像」。エレベーターは島野三秋作の「漆螺鈿装飾扉」。モザイクタイル天井画は鶴丸梅吉作の「天空」があった。地下には、「世界の人形時計」が設置されていた(閉鎖後、解体に伴い撤去)。
2003年の解体においては、保存の要望や解体の反対運動が起きるなど、その歴史的価値を高く評する者もいた。

ルーテル学院大学  1969年 

東京都三鷹市大沢にある村野藤吾氏が設計した校舎「ルーテル学院大学」シンプルな造形にモルタルを荒く吹き付けた外観が特徴の建物で、村田藤吾氏の代表作の一つと言われています。
チャペルを中心に本館や学生寮、図書館、食堂、ホールなどがつながり、一つの建築物となっていますよ。外観はコンクリートの打ち放しにモルタルスタッコを荒く吹付けた仕上げで、カトリックの教会建築とは異なる、親密なスケールで連続して地面や樹木と融合するような造形表現がとても魅力的でした。また、各棟は多面形やマッスの構成、壁面の連続等それぞれが独特な形となっており、荒々しいスタッコと相俟って、光のグラデーションや繊細で深い陰翳が美しく、人の心に寄り添うような優しさを感じる事が出来ました。

 丸栄本店 1953年  日本建築学会賞

1953年に完成した丸栄本店は、代表的なモダニズム建築家の村野藤吾の手によって設計されたものである。
百貨店建築として日本建築学会賞作品賞を受賞した全国唯一の建築として知られ、また、「戦前期の建物を基に増改築を重ねた全国でも珍しい建物」として日本建築学会が取り壊しの中止を求める要望書を出している。本館の階段の手すりには木を曲げたデザインになっており、鉄柵もユニークなデザインを採用しています。
この作品で1953年に日本建築学会賞作品賞を受賞しています。

ウェスティン都ホテル京都(佳水園) 1953年  DOCOMOMO JAPAN選定

ウェスティン都ホテル京都は、京都府京都市東山区粟田口華頂町1番地に所在する最高級ホテル。都ホテルズ&リゾーツの中心ホテルであり、スターウッド・ホテル&リゾートが展開するウェスティン・ホテルズ&リゾーツの1つでもある。運営は近鉄・都ホテルズで、旧名称は(「都ホテル京都」ではなく)「都ホテル」。1960年には村野藤吾の設計による現在の本館が完成。佳水園庭園内の和風別館「佳水園」は村野藤吾の設計により1959年に完成し、戦後の数寄屋造り建築の傑作としても知られる。佳水園ではホテルにいながら伝統的な日本旅館のサービスを受けることができる。
2003年には佳水園がDOCOMOMO JAPAN選定 日本におけるモダン・ムーブメントの建築に選ばれている。

迎賓館本館(旧赤坂離宮) 1974年  国宝

東京都港区元赤坂にある村野藤吾氏が改修した迎賓施設「迎賓館本館(旧赤坂離宮)」日本が独自の文化を守りながらの西洋化と富国強兵に突き進んでいた時代を象徴して、天皇を『武勲の者』という印象を表現するために、正面玄関の屋根飾りや内装の模様などに鎧武者の意匠があるなど、建物全体に西洋の宮殿建築に日本風の意匠が混じった装飾になっている。煉瓦石造で西欧様式の建物は高温多湿の日本の気候には全く適さず、晩春から早秋にかけては天候によっては室内の湿度が著しく上がり、暖房はあっても冷房はないために居住性が著しく低く、これに対処するために片山東熊は電気式の除湿機を設置する計画も考えていたが、こちらは実行に移されなかった。

この作品は2009年に国宝に指定されています。

横浜市庁舎(市役所) 1959年

高層の庁舎棟と中層の市会棟を低層の建物が結んでおり、その低層の建物には市民広場を設け、吹き抜けの大空間となっています。柱と梁の間をタイルで埋めたファサードが特徴で、庁舎棟は壁面や窓、バルコニーがランダムに配置されていますよ。中区港町に置かれている現在の市庁舎は7代目で、横浜開港100年記念事業のひとつとして、村野藤吾の設計により1959年(昭和34年)に竣工した。また、2007年(平成19年)から2009年(平成21年)にかけて耐震補強工事を実施している。
近年、業務拡大のため建物が手狭になったことに加え、老朽化が進行し、前述の通り耐震補強工事は実施されたものの巨大地震に際しての耐震性については問題があることなどから、横浜市庁舎の移転・建て替えの議論がなされている。

小諸市立小山敬三美術館 1959年 毎日芸術賞

長野県小諸市にある村野藤吾氏が設計した美術館「小諸市立小山敬三美術館」白壁と曲線が特徴の美しい建物で、村野藤吾氏の作品にしてはこじんまりとした建築です。美術館の窓からは千田川の絶景を楽しめます。

この作品で1977年に毎日芸術賞を受賞しています。小諸市立小山敬三美術館(こもろしりつこやまけいぞうびじゅつかん)は長野県小諸市にある美術館。懐古園内の高台にある小諸市出身の洋画家小山敬三の個人美術館。小山敬三が建築家村野藤吾設計の館建物と所蔵作品を小諸市に寄贈し、1975年に開館した。館は外部内部とも曲線を多用するデザインで、館内は湾曲した壁面に絵画が展示される。館に隣接して旧居兼アトリエが移築されて、記念館として公開されている。

ザ・プリンス 箱根芦ノ湖 1982年 BCS賞

神奈川県足柄下郡箱根町元箱根にある村野藤吾氏が設計したリゾートホテル「ザ・プリンス 箱根芦ノ湖」印象的な円形の建物ですが、もうひとつの特徴は屋外にバルコニーが設置してあるものです。村野のホテル建築において「円形」と「バルコニー」は比較的重要な要素のひとつだと思います。クラシックな雰囲気となっています。樹木を避けて建てられた分塔となっており、高さも樹木より低くなるよう抑えられています。独特な形状の天井や石の壁、赤い絨毯などが設けられた高級感のあるロビーには、村野藤吾氏自身がデザインしたスワンチェアが置かれていますよ。この作品でBCS賞を受賞しています。

 コンセプト ~

このサイトは様々なサイトや学生団体をまとめるある種「建築学生の教科書的役割」を果たしています。サイトの情報は先輩から後輩へ引き継ぎ共有していくため日々更新を続け成長していきます。全国の全建築学生が共有できるよう友達にサイトを共有しよう。 リンク

 サイトマップ ~
 コメント ~

​このサイトは建築設計を取り組む全国の建築学生へ先人の設計知識を共有し建築設計のレベルを上げるために作成しました。設計が就職するためや賞歴をつくるために終わらず設計をもっと楽しく新たな可能性に挑戦してくれると願っております。(清水)

Zenkoku Kenkomi​ 2020 ParticipatoryArchiveMedia

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now