​全国ケンコミ建築設計研究所
​建築家について知ろう

このページでは20世紀から21世紀の日本の建築家

お紹介していきます。

​村野藤吾

村野 藤吾5月15日 - 1984年(昭和59年)11月26日)は、日本の建築家。日本建築家協会会長、イギリス王立建築学会名誉会員、アメリカ建築家協会名誉会員。 佐賀県東松浦郡満島村(現唐津市)で代々船問屋を営む家の一男第三子として生まれた。 1910年、福岡県小倉工業学校(現小倉工業高校)機械科を卒業後、八幡製鐵所に入社。1911年から2年間にわたる従軍中、学問に興味を持ち、1913年、早稲田大学理工学部電気工学科に入学。

前川國男

昭和3年フランスにわたり,ル=コルビュジエにまなび,日本近代建築界のリーダーとなる。戦後は紀伊国屋書店(22年),東京文化会館(36年),埼玉県立博物館(46年)などの建築で注目をあつめた。34年日本建築家協会会長。49年芸術院賞。門下に丹下健三ら。昭和61年6月26日死去。81歳。新潟県出身。

丹下健三

1938年東京大学を卒業。在学中はル・コルビュジエの建築に傾倒し,前川国男の事務所を経て大学院に戻り,46年東京大学助教授,63年教授となった(74年退官)。戦前は設計競技にたびたび入賞し,戦後(1955)の設計で近代建築の旗手としてデビュー。《香川県庁舎》(1958),《東京都庁舎》(1957)などによって日本の近代建築を海外に知らしめる。

磯崎新

昭和6年7月23日生まれ。妻は宮脇愛子。丹下健三にまなぶ。昭和38年磯崎新アトリエをひらく。大分県立大分図書館,群馬県立近代美術館などで3度建築学会賞。ほかにつくばセンタービル,ロサンゼルス現代美術館など国内外の作品を手がける。平成5年日本文化デザイン賞大賞。大分県出身。東大卒。著作に「建築の解体」「ポスト・モダン原論」など。

黒川紀章

昭和9年4月8日生まれ。妻は若尾文子(あやこ)。丹下健三にまなび,昭和37年独立。高村光太郎賞,フランス建築アカデミー-ゴールドメダル,芸術院賞など受賞多数。平成10年カザフスタン新首都の国際設計コンペ1位。同年芸術院会員。18年文化功労者。平成19年10月12日死去。73歳。愛知県出身。京大卒。代表作に中銀カプセルタワービル,国立民族学博物館,クアラルンプール新国際空港など。著作に「都市デザイン」「共生の思想」

​槙文彦

昭和9年4月8日生まれ。妻は若尾文子(あやこ)。丹下健三にまなび,昭和37年独立。高村光太郎賞,フランス建築アカデミー-ゴールドメダル,芸術院賞など受賞多数。平成10年カザフスタン新首都の国際設計コンペ1位。同年芸術院会員。18年文化功労者。平成19年10月12日死去。73歳。愛知県出身。京大卒。代表作に中銀カプセルタワービル,国立民族学博物館,クアラルンプール新国際空港など。著作に「都市デザイン」「共生の思想」

谷口吉生

昭和12年10月17日生まれ。谷口吉郎(よしろう)の長男。丹下健三にまなぶ。昭和54年谷口吉郎建築設計研究所(現谷口建築設計研究所)所長。55年資生堂アートハウスで建築学会賞,62年土門拳記念館で芸術院賞。平成6年猪熊弦一郎現代美術館(香川県丸亀市)で村野藤吾賞。20年芸術院会員。東京出身。慶大卒,ハーバード大卒。

​菊竹清訓

川崎市生れ。1969年東大生産技術研究所助教授,1982年より同教授。〈慶松幼稚園〉で注目される。アトリエ・ファイ建築研究所と協働で設計。1970年代には文化人類学的視点を取り入れた住宅集合論の研究で北アフリカ中近東南米の都市や集落を実地調査し,その成果を自邸をはじめとする都市型住居の設計に応用した。代表作に〈ヤマト・インターナショナル〉,〈梅田スカイビル〉のほか,〈JR京都駅〉。著書《建築に何が可能か),《空間――機能から様相へ》

伊東豊雄

韓国ソウル生れ。東大建築学科卒。菊竹清訓の事務所をへて,1971年アーバンロボット設立(1979年伊東豊雄建築設計事務所に改称)。〈中野本町の家〉(東京,1976年)で注目される。自邸〈シルバーハット〉(東京,1984年),仮設レストラン〈NOMAD〉(東京,1986年)など,半透明のパンチング・メタルを使用した軽快なスタイルにより高い評価を得た。その後も〈風〉をメタファーとして〈情報化社会の建築化〉というべき試みを行っている。他の作品に〈八代市立博物館〉(1991年),

​内藤廣

韓国ソウル生れ。東大建築学科卒。菊竹清訓の事務所をへて,1971年アーバンロボット設立(1979年伊東豊雄建築設計事務所に改称)。〈中野本町の家〉(東京,1976年)で注目される。自邸〈シルバーハット〉(東京,1984年),仮設レストラン〈NOMAD〉(東京,1986年)など,半透明のパンチング・メタルを使用した軽快なスタイルにより高い評価を得た。その後も〈風〉をメタファーとして〈情報化社会の建築化〉というべき試みを行っている。他の作品に〈八代市立博物館〉(1991年),

原広司

川崎市生れ。1969年東大生産技術研究所助教授,1982年より同教授。〈慶松幼稚園〉で注目される。アトリエ・ファイ建築研究所と協働で設計。1970年代には文化人類学的視点を取り入れた住宅集合論の研究で北アフリカ中近東南米の都市や集落を実地調査し,その成果を自邸をはじめとする都市型住居の設計に応用した。代表作に〈ヤマト・インターナショナル〉,〈梅田スカイビル〉のほか,〈JR京都駅〉。著書《建築に何が可能か),《空間――機能から様相へ》

​山本理研

昭和29年8月8日生まれ。昭和62年空間研究所を設立,平成2年隈研吾建築都市設計事務所を設立。9年「森舞台/宮城県登米町伝統芸能伝承館」で日本建築学会賞。13年慶大教授。同年「馬頭町広重美術館(現・那珂川町馬頭広重美術館)」で建築業協会賞などを受賞。21年東大教授。22年「根津美術館」で毎日芸術賞。23年「梼原・木橋ミュージアム」などで芸術選奨文部科学大臣賞。神奈川県出身。東大卒。作品はほかに「石の美術館」「サントリー美術館」など。著作に「10宅論」「負ける建築」「自然な建築」など。

隈研吾

昭和29年8月8日生まれ。昭和62年空間研究所を設立,平成2年隈研吾建築都市設計事務所を設立。9年「森舞台/宮城県登米町伝統芸能伝承館」で日本建築学会賞。13年慶大教授。同年「馬頭町広重美術館(現・那珂川町馬頭広重美術館)」で建築業協会賞などを受賞。21年東大教授。22年「根津美術館」で毎日芸術賞。23年「梼原・木橋ミュージアム」などで芸術選奨文部科学大臣賞。神奈川県出身。東大卒。作品はほかに「石の美術館」「サントリー美術館」など。著作に「10宅論」「負ける建築」「自然な建築」など。

安藤忠雄

大阪の生まれ。「住吉(すみよし)の長屋」で注目を集め日本建築学会賞を受賞。コンクリート打ち放しを多用した作風で知られ、茨木春日丘(いばらきかすがおか)教会(光の教会)、表参道ヒルズなどを設計した。平成7年(1995)プリツカー賞受賞。平成22年(2010)文化勲章受章。

藤森照信

1946- 昭和後期-平成時代の建築史家。
昭和21年11月21日生まれ。東大大学院で村松貞次郎にまなぶ。平成8年東大生産技術研究所教授。「明治の東
京計画」(昭和58年毎日出版文化賞)で建築探偵の手法をあみだし,「建築探偵の冒険」で脚光をあびる。61年赤瀬川原平らと路上観察学会を結成。平成12年秋野不矩美術館(静岡県浜松市)で日本建築学会作品選奨(内田祥士との共同作品)。13年熊本県立農業大学校学生寮で日本建築学会賞。

​青木淳

昭和32年8月5日生まれ。昭和57年磯崎新アトリエに勤務。60年坂茂建築設計を設立。紙管を用いた新しい建造物で注目をあつめる。平成8年毎日デザイン賞。21年「ニコラス・G・ハイエック センター」で日本建築学会賞。多摩美術大,横浜国立大,日大の非常勤講師,コロンビア大客員教授などをつとめ,23年京都造形芸術大教授。24年「紙による新しい建築の探究と東日本大震災被災地での活用」で毎日芸術賞。26年プリツカー賞を受賞。27年斬新な発想に基づく設計活動と建築による被災地支援で朝日賞。東京都出身。南カリフォルニア建築大卒。

坂 茂

昭和32年8月5日生まれ。昭和57年磯崎新アトリエに勤務。60年坂茂建築設計を設立。紙管を用いた新しい建造物で注目をあつめる。平成8年毎日デザイン賞。21年「ニコラス・G・ハイエック センター」で日本建築学会賞。多摩美術大,横浜国立大,日大の非常勤講師,コロンビア大客員教授などをつとめ,23年京都造形芸術大教授。24年「紙による新しい建築の探究と東日本大震災被災地での活用」で毎日芸術賞。26年プリツカー賞を受賞。27年斬新な発想に基づく設計活動と建築による被災地支援で朝日賞。東京都出身。南カリフォルニア建築大卒。

​西沢立衛

妹島和世(せじまかずよ、1956年生まれ、女性)と西沢立衛(にしざわりゅうえ、66年生まれ、男性)の2人の世界的建築家による建築ユニット名、および建築事務所名。95年の設立以来、96年「日本建築学会賞作品賞」、2004年「ヴェネツィア・ビエンナーレ第9回国際建築展金獅子賞」、10年には建築界のノーベル賞と称される「プリツカー賞」を受賞した。代表作に「Dior表参道」(2003年)、「金沢21世紀美術館」(04年)、「トレド美術館ガラスパビリオン」(06年)、「EPFLラーニングセンター」(09年)、「ロレックス・ラーニングセンター」(10年)、「ルーブル・ランス」(12年)などがある。

​妹島和世

妹島和世(せじまかずよ、1956年生まれ、女性)と西沢立衛(にしざわりゅうえ、66年生まれ、男性)の2人の世界的建築家による建築ユニット名、および建築事務所名。95年の設立以来、96年「日本建築学会賞作品賞」、2004年「ヴェネツィア・ビエンナーレ第9回国際建築展金獅子賞」、10年には建築界のノーベル賞と称される「プリツカー賞」を受賞した。代表作に「Dior表参道」(2003年)、「金沢21世紀美術館」(04年)、「トレド美術館ガラスパビリオン」(06年)、「EPFLラーニングセンター」(09年)、「ロレックス・ラーニングセンター」(10年)、「ルーブル・ランス」(12年)などがある。

石上純也

昭和49年4月10日生まれ。東京芸大大学院修士課程修了後,妹島和世建築設計事務所に勤務をへて,平成16年石上純也建築設計事務所を設立。21年神奈川工科大KAIT工房で日本建築学会賞作品賞。22年アーキテクチャー・アズ・エア(空気としての建築)でベネチア・ビエンナーレ国際建築展金獅子賞を受賞。神奈川県出身。武蔵工大卒。

​藤本壮介
​谷尻誠
​藤村隆至
​藤村隆至
 コンセプト ~

このサイトは様々なサイトや学生団体をまとめるある種「建築学生の教科書的役割」を果たしています。サイトの情報は先輩から後輩へ引き継ぎ共有していくため日々更新を続け成長していきます。全国の全建築学生が共有できるよう友達にサイトを共有しよう。 リンク

 サイトマップ ~
 コメント ~

​このサイトは建築設計を取り組む全国の建築学生へ先人の設計知識を共有し建築設計のレベルを上げるために作成しました。設計が就職するためや賞歴をつくるために終わらず設計をもっと楽しく新たな可能性に挑戦してくれると願っております。(清水)

Zenkoku Kenkomi​ 2020 ParticipatoryArchiveMedia

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now