​丹 下 健 三

建築家。ル・コルビュジエに傾倒し、建築家を志して東京帝国大学工学部建築学科に入学。ル・コルビュジエやグロピウスらのモダニズムから影響を受ける。1938年(昭和13)大学卒業後は、ル・コルビュジエの教え子である前川国男の事務所に入る。
 1940年代の第二次世界大戦戦時下においてコンペに連勝し、建築家としてデビューする。いずれも1等を獲得した大東亜建設記念造営計画(1942)と在バンコク日本文化会館(1943)は、日本の伝統建築のモチーフをとり入れたモニュメンタルな造形であった。敗戦直後は、東京、前橋、呉(くれ)、稚内(わっかない)などの復興都市計画を行う。1946年に東京帝国大学助教授、1963年東京大学教授となる。丹下の研究室からは、大谷幸夫、浅田孝、槇文彦、磯崎新、黒川紀章、谷口吉生の優秀な建築家が輩出した。
 
『ワルター・グロピウス、『桂―日本建築における伝統と創造』(1960)

『東京計画1960―その構造改革の提案』(1961)

『日本列島の将来像』(1966)

『現実と想像 丹下健三1946-1958』(1966)

『技術と人間 丹下健三+都市・建築設計研究所1955-1964』(1968)

『人間と建築 デザインおぼえがき』『建築と都市 デザインおぼえがき』(1970) 

『建築と都市』(1975・世界文化社)

『一本の鉛筆から』(1985・日本経済新聞社) 

『Kenzo Tange Associates Vol.1~3』(1987) 

『丹下健三』(2002)

【関連人物】

前川国男ル・コルビジェ

大谷幸夫、浅田孝、槇文彦、磯崎新、黒川紀章、谷口吉生

丹下健三 TANGE Kenzo_1
丹下健三 TANGE Kenzo_2

1949年 広島市平和記念公園及び記念館競技設計

広島市主催の広島平和記念公園および記念館のコンペで1等に入賞。近代性・記念碑性・伝統性を巧みに融合した建築である。さらに都市的な仕掛けとして、原爆ドームに到達する強力な中心軸を設定し焼け野原となった爆心地に明快な秩序を与えた。市の中央を東西に走る予定の100メートル道路に垂直に交わるかたちで、記念館、広場、慰霊碑、原爆ドームを一本の軸線で結ぶというデザイン案が評価された。丹下は、日本の古社寺の伝統に由来する、「個個の建築よりも、その配置がつくりだす環境の秩序」を重視したという。

1952年 広島平和会館原爆記念陳列館

同時期、爆心地である中島地区を新たに広島平和記念公園として整備する構想が進んでいたが、資料展示施設は公園の全体設計を担当した建築家・丹下健三により、公園の目玉施設として位置づけられるに至った。丹下の設計による「広島平和会館原爆記念陳列館(現・広島平和記念資料館)」は1955年に開館し、これに伴い中央公民館の被爆資料は「陳列館」に移されて展示・保管され、初代館長には長岡が就任した

丹下邸 1953年 

ピロティが近代建築を体現。クリエイターが集う場にも。

丹下健三が設計した数少ない住宅の一つが、東京・成城にあった自邸。300坪の敷地には塀を設けず、周囲とは築山で緩やかに区切られていた。1階は柱だけのピロティとして、生活空間は2階に持ち上げた構成。階段で上がって中央付近の玄関から入ると、畳敷きの居室が続く。間仕切る襖を開ければ、家中が一つの空間になるような開放的な家だ。2階の外周の欄間部分には透明ガラスが巡り、屋根が浮いているように見える効果が。猪熊弦一郎作の寝椅子や、イサム・ノグチの照明器具「あかり」が置かれるなど、諸芸術が統合された近代建築を実現。家族を育むだけでなく、芸術家やデザイナーが集うサロンとしても機能した。

丹下健三 原広司×西沢立衛 対談

1958年 今治市庁舎

大阪府で生まれた丹下健三が、父の出身地である今治に移り住んだのが7歳の時。それから少年-青年期を今治で過ごした丹下にとって今治は故郷といえる土地であり、その縁で多数の建築が丹下によって手掛けられています。今治市庁舎もそうした建築のひとつです。ファサード(建物の正面)に角度を付けて設けられた、立体格子(ブリーズ・ソレイユ)が挙げられます。このブリーズ・ソレイユは、建物の表情に陰翳を与えながら、市庁舎の執務空間への日除けとして機能しています。

壁面をジグザグさせることで強度を増す折板構造が用いられているのも特徴です。このデザインは、向かい合う今治市公会堂のデザインと呼応しているようです。また、市庁舎には街を見渡すことのできる「望楼」が設けられていますが、この望楼は旧市街と新市街を繋ぐ接点としての役割を与えることを考えたそうです。後の研究によると、今治市庁舎の原型は、ラグナル・エストベリによるストックホルム市庁舎にあるともいわれています。望楼や、広場と建物の繋がりが見られる。

1958年 香川県庁舎   公共建築百選

1950年代は数々の傑作を発表し、日本の近代建築を世界的なレベルに引き上げた。香川県庁舎(1958)は伊勢神宮や桂(かつら)離宮などを強く意識し、木造の柱梁(はしらはり)に現代的な再解釈を追求した作品である。しかし、1950年代なかばの伝統論争においては、丹下の繊細な「弥生(やよい)的なるもの」に対抗して提出された白井晟一(せいいち)の重厚な「縄文的なるもの」の概念に影響を受け、作風は変化した。1950年代後半は、旧草月会館(1958)や電通大阪支社(1960)など、厚い壁のデザインを行う。

丹下の初期の傑作と評される。ファサードは、日本の伝統であるを、当時の建築技術の限界での細さで表現した公共建築百選にも選ばれている。

設計は、彼の温厚な人柄と柔軟な思考力、鋭敏な美意識と創造にかける強烈な意欲に共鳴して、「民主主義時代に相応しい庁舎を設計してほしい」と依頼したことから始まる。 金子知事の要望に応えて丹下が設計した案は、建築家ル・コルビュジエによる近代建築の5原則に基づくもので(1)ピロティ、(2)屋上庭園、(3)自由な平面、(4)水平連続窓、(5)自由なファサードなどであり、丹下はその原則の総てを織り込んで設計案を作成した

丹下健三 香川県庁舎・代々木競技場

1960年 倉敷市庁舎(現 倉敷市立美術館)

国の文化審議会は、2020(令和2)年3月19日に開催された同審議会文化財分科会の審議・議決を経て、倉敷市立美術館(旧倉敷市庁舎)を新たに国の有形文化財に登録するよう文部科学大臣に答申しました。鉄筋コンクリート造、地上3階建ての元市庁舎、直接的な構成が丹下によるモダニズム建築の理念をよく示す好例といわれています。コンクリート打ち放しの柱や梁を平滑に見せる外観で、2階を太い柱と約20mの長大なプレキャストコンクリートの横架材で支える構造は、迫力のある力強い造形となっています。

1960年 東京計画1960   DOCOMOMO JAPAN選定 

1961年に建築家・丹下健三が発表した東京の都市構造に関する提案である。高度経済成長期の社会に問いかけた壮大なビジョンであり、放射状に広がる西欧型の都市を否定し、東京湾へ帯状に成長する都市を提案した。発表された「東京計画1960」の美しい模型写真は、建築業界のみならず社会全体に大きなインパクトを与えた。同計画では、高度成長期の急激な人口増加に対し、東京における中世以来の「求心型放射状」の「閉じた」都市構造が耐えきれなくなるとして、新たに都心から東京湾を超えて木更津方面へと延びる「線形平行射状」の「開いた」都市構造を提案している。海上の都市建設については、日本住宅公団の総裁であった加納久朗による「加納構想」(1958)や、菊竹清訓の「海上都市」(1959)や大高正人の「海上帯状都市」など、当時すでに数多くの提案があった。しかし、黒川紀章による都市と建築とを有機的に統合する新たな交通システムとしての「サイクル・トランスポーテーション・システム」や、磯崎新による複数のコア(エレベータや設備等が配備された垂直シャフト)の間をオフィスがつなぐ「ジョイント・コア・システム」など、丹下研究室の若いメンバーの画期的なアイデアを取り入れた「東京計画1960」の提案は、非常に密度が濃く群を抜いた内容となっている。同計画は、「大東亜コンペ」案や「広島ピースセンター」に続く丹下による都市デザインの最高峰といえ、世界的に見ても「成長」や「増殖」といったCIAM(近代建築国際会議)解体以降の都市デザインにおける中心テーマに対し、明快で美しい形を与えたとして高い評価を得ている。日本の近代建築20選(DOCOMOMO JAPAN選定 日本におけるモダン・ムーブメントの建築)

 

1964年 国立屋内総合競技場

戦後を乗り越え、日本が高度成長期に突入したときのエポックメイキングが東京オリンピックだとしたら、その偉業を今に伝える建物が国立代々木競技場だ。副社長の木村は言う。「設計にあたり丹下健三は、建築物としてのダイナミズムはもちろんですが、それ以上にこだわったのが一体感でした。選手のパフォーマンス、観客の応援、それがひとつになったときに、祭典にふさわしい素晴らしい空間が生まれると考えたのです。ではそれにふさわしい建物はどのようなものか?丹下健三の結論は、選手と観客を一体にするように包み込む無柱空間でした。オリンピック開催時は、何千、何万の人が出入りします。その流動性を確保することも重要なテーマだったのですが、入り口と出口をずらすことにより出入りがスムーズになり、人の流れを生み出すという機能性も併せもつこともめざしたのです」

丹下健三 代々木競技場 1
丹下健三 代々木競技場 2

1964年 東京カテドラル聖マリア大聖堂

1963年4月着工、1964年12月竣工

聖マリア大聖堂はRC造地下1階地上3階建、特徴のある屋根はHPシェル構造で壁から屋根まで一体となっています。HPシェルが8枚立てかけられ、真上から見ると、HPシェルとシェルの間が十字型のトップライトになっています。側面のシェルとシェルの間もスリットを設けて、ガラスがはめ込まれています。内部空間の一番高いところは、高さ40m近くにもなります。外壁・屋根はステンレス鋼板仕上げです。

HPシェルとは、Hyperbolic Paraboloid(双曲放物面)でできたシェル構造です。双曲放物面って遠い昔に学校で聞いた気がするのですが、2本の捩じれ2直線を定平面(これら2直線とほぼ直交)に平行な直線群で結んで得た曲面で(そういえば子どもの頃、画用紙に平行でない本の直線を描いてそれを等分し、反対側の端から順に結んだ絵が立体的に見えて面白がっていろいろ描いて遊んでました。これですね~。)、ある面で切断すれば放物線が、それに直行する面で切断すれば、双曲線が現れる曲面です。直線でできているので施工もしやすいのだろうと思います。カテドラルの設計にあたり考慮した点として、「第1に長い歴史を持つカトリック教会建築の伝統を、現代の精神の中で、現代の技術を持って、どう発展させていくかということ」「第2には、ヨーロッパにおいて発展してきたそれを、日本にどう定着させていくかということ」

1966年 山梨文化会館

山梨文化会館(やまなしぶんかかいかん)は、山梨県甲府市北口にある建築物である。DOCOMOMO JAPAN選定 日本におけるモダン・ムーブメントの建築選定作品。

1966年竣工。設計:丹下健三。新聞社、放送局、印刷所の企業グループが収まる総合社屋として計画された。それぞれの機能が有機的に連携し文化の中心となることを目指して、「建築設計は小さな都市づくりであり、都市設計は大きな建築設計である」建物をひとつの都市としてとらえている。ここで丹下は「東京計画1960」などでたびたび提案してきた、3次元ネットワークを実現する立体格子システムを実現。15m×17mのグリッドの交点に垂直動線、エレベーターや螺旋階段、トイレや空調設備などの役割を担う「コミュニケーション・シャフト」と呼ばれる16本のコアを配し、それらが大きな柱となり、各機能を担うブロックが相互の連携などを考慮し適宜架けられている。新陳代謝=メタボリズムを意識した計画でもあり、増築スペースも確保した立体的な空間を実現。後年、丹下自身により増築されている。土曜・日曜・祝日を除く平日のみ建物内の見学を受け付け。

1970年 日本万国博覧会・会場マスタープラン

EXPO’70(日本万国博覧会:大阪万国/会場マスタープラン:丹下健三,西山夘三)が発案・構想・実施された1960年代後半は、世界中で社会・文化が激動にさらされ、価値観が大きく変動した時代だった。

大阪万博では工業化社会から情報化社会へとシフトする認識のもと、ハードウエアの展示(エクスポーズ)から、ソフトウエア的な環境をつくることに重きを移行させる構想がなされた。一方でシンボルゾーンはハイテクノロジー(工業技術)の成果そのものであるスペースフレームの大屋根や、諸装置を有すると共に、その中核に置かれた「お祭り広場」は、群衆の出会いと直接的なコミュニケーションの場として構想された。
人間と環境とのフィードバックある関係、情報的な関係、人間が自発的に参加できる環境を、フィジカルな環境として、どうすればつくり出すことができるのか。そもそも建築はコミュニケーションの媒体となり得るのか、またなるべきなのか。

1991年 東京都新庁舎

コンペには日建設計、日本設計、坂倉建築研究所、前川國男建築事務所、安井建築事務所、山下設計、松田平田坂本設計事務所など大手の設計事務所に加えて個人建築家としては丹下健三と磯崎新の二人が指名。当時の日本の建築界のトップレベルが指名された大規模なコンペであったため話題を集めました。

一般にデザインとしてはポストモダンに属するとも、第一本庁舎は一般にパリノートルダム大聖堂の形態を引用しているともいわれている。平面形は正八角形をモチーフとしている。デザインについては批判もあるが、特徴のある形態のため、ランドマークとしての機能を果たしている。 また、第二本庁舎は、同じ丹下の設計した新宿パークタワーと意匠的な共通点がみられる。構造的にはスーパーストラクチャー方式を採用しており、第一本庁舎、第二本庁舎とも、1棟につき8本のスーパー柱と10階ごとのスーパー梁で建物全体を支え、19.2mスパンの無柱空間を確保している。スーパーストラクチャー方式は、同じ丹下の設計によるフジテレビジョン本社(FCGビル)等でも用いられている。

1996年 フジテレビ本社ビル

台場地区を象徴するランドマークとなっている。日本の放送局の本社社屋の中で最も大きいビルであり、日本の民間放送局として最大級のスタジオ床面積(300坪)を持つ。建物は縦横の比率を、ハイビジョンテレビの画面の縦横の比率と同じ16:9とした。建物の低層部については公開スペースを1階に設け、主なスタジオを3階に設置するという構造で、高層部については「オフィスタワー」と「メディアタワー」の2棟からなる。この両棟を12階・18階・24階の3フロアーの階にあるコリドール(廊下)で連結する構造となっている。2棟のビルの間にそびえる球体は直径 32m あり、外装は腐食の心配がないチタン  で作られている。展望台の役割を持っており、2007年6月のリニューアルの際に「はちたま」という愛称が与えられた。

地上3階から7階の屋上庭園まで続く大階段で、幅12m、長さ100mある.

地上1階広場から5階(無料見学コース・フジテレビワンダーストリート)と7階(屋上庭園)を結ぶ長さ96.5mのエスカレーターで、周囲が透明な筒型になっている。

2008年 モード学園コクーンタワー

「モード学園コクーンタワー」のプロジェクトはオープンなコンペティションだった。国内外から100を超える人やチームが参加し、150以上の案がプレゼンされたという。丹下都市建築設計では丹下憲孝を中心に中山たちが取り組んだ。学校はどこの教室にも自由に行けることと、何が起こっているかわかることが大切です。昔の小中学校は大抵3階建てでした。だから今回は高層ビルなのだけど、内部は3階建ての校舎を積み上げる設計にしています.高さを稼ぐためには、規制を緩和してもらう必要があります。私たちは東京都へ赴き、容積率の緩和を願い出ました。新宿の地下街とつながることや、卵のような低層ホールを学生以外の東京都民にも貸し出すこと、コージェネレーションシステムを採用することなど、社会貢献や環境にも配慮した建物であり役所へは何度も通い最終的に1,370%の特区認定をいただき、容積率、及び高さを確保することができた.建物のフォルムにも繭がイメージされている。狭い敷地であっても緑を増やすことができ教室はたくさん必要なので真ん中は膨らませました。最上階までそのまま膨らんだ状態なら空と建物のシルエットが美しくないので、もう一度絞ったのです。

 

2013年 オーク表参道

エントランスホールから2階へと続く奥行きのある空間には、日本の伝統色を意識した精妙な光のグラデーションが彩り、また、施設中央を貫通するパサージュの南側緑地には、ビル名の由来である柏(オーク)を植樹し、ケヤキ並木から続く緑のエコスペースが大きく広がります。3Fから上はオフィスフロアとなっているオーク表参道。そのエントランスデザインは現代美術作家の杉本博司氏が担当しました。“最深部の天井から数理模型を下げ、神殿的空間における御正体(御神体)の役割をはたしている”という哲学的なコンセプトをもつ「窟竟頂(くっきょうちょう)」と名づけれたアート空間になっています。一般開放される予定の屋上庭園は、「自然の植生を再現し、生物多様性がある」と日本生態系協会からのお墨付き。東急プラザ表参道原宿の”おもはらの森”と同じく都会のオアシスとしてたくさんの人を癒す空間になるのでしょう。

 コンセプト ~

このサイトは様々なサイトや学生団体をまとめるある種「建築学生の教科書的役割」を果たしています。サイトの情報は先輩から後輩へ引き継ぎ共有していくため日々更新を続け成長していきます。全国の全建築学生が共有できるよう友達にサイトを共有しよう。 リンク

 サイトマップ ~
 コメント ~

​このサイトは建築設計を取り組む全国の建築学生へ先人の設計知識を共有し建築設計のレベルを上げるために作成しました。設計が就職するためや賞歴をつくるために終わらず設計をもっと楽しく新たな可能性に挑戦してくれると願っております。(清水)

Zenkoku Kenkomi​ 2020 ParticipatoryArchiveMedia

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now