​全国ケンコミ建築設計研究所
​建築設計のテーマ

​編集中

テーマの決定】

◆建築の本質は何か、自分の価値観や考えを持とう! 

(問題提起になる場所)

建築学生が設計をするうえで「建築の本来あるべき姿」うぃ考えることが建築家になる第1歩です。自分なりの考え方や価値観が建築の設計に表していこう。建築の本質は誰もわからないし答えはない。自分なりの答えを見つけるたびにでよう!

EX、社会問題に独自性を求める・・・社会問題は事象なので基本的には独自性を持たない。

Exception、体験し自分でしか見つけられなかった社会問題

EX、プログラムに独自性を求める・・・既存概念のプログラムにとらわれずプログラムを細分化する。プログラム同士をコンプレックスする。などで独自性を持たせることができる。建築空間や設計手法にどのように関係していくかが重要。

EX、設計手法に独自性を求める・・・設計手法をダイアグラム的に操作する。今まで提案されなかった設計手法を思考する。自分の価値観や意匠性の入った設計手法。

Exception、利便性や効率を求めるボリューム操作やゾーニングなど一般的に流通している設計手法は独自性を持たない。

EX、プロポーションや空間に独自性を求める・・・意味を持った独自の空間性を主張する。意味を持った独自の造形性を主張する。独自の設計手法によってできた空間は独自性を持つ空間とは限らない。

公共性を持たせながら本質を探ろう! 

相手に共感してもらう第一歩にもなります。自分の価値観だけで行ってしまうと恣意的な建築(自分のための建築)になってしまうので社会や人のために何ができるかを考えよう!自分の提案に公共性を持たせることはとてもやりがいのあることだ。

EX、社会問題に公共性を求める・・・自分のオリジナルが薄くなりただの設計課題になりやすいので注意

EX、プログラムに公共性を求める・・・

EX、設計手法に公共性を求める・・・論理的に

EX、空間に公共性を求める・・・

※卒業設計の場合はプレゼンの表現や提案の種類によって公共性を持たせないほうが良い場合がある。

それぞれの設計プロセスに対して独自性と公共性をどちらかを持たせる。何を自分のメインテーマとするかを考えよう。

社会問題 …独自性 or 公共性

プログラム…独自性 or 公共性

設計手法 …独自性 or 公共性

風景空間 …独自性 or 公共性

◆提案パターン

❶ 社会問題を解決する提案タイプ (公共性)

社会問題

・土木建築の衰退 DK19

・用途地区の断絶による街の衰退 DK19

・効率化やシステムによって建築の創造性が奪われている JIA16

・情報社会によるコミュニティの喪失 JIA16

・情報社会とSNSの発達による新たなコミュニティ JIA16

・お金や権利に左右される社会 資本主義社会 JIA16

・生産邸住宅からハンドメイド住宅 JIA16

・量的価値から質的価値 JIA16

・効率主義によるアート作品や芸術の過疎化 JIA16

都市問題

・都市の居場所、オープンスペース JIA16

・都市の居場所と都心公私混同の住居

・都市の緑化 JIA16

・ホームレスの問題 JIA16

・都心の住環境の向上 JIA16

・タワーマンションの空き家 JIA16

地域問題

・街の空間的魅力を再解釈する JIA16

・生産緑地解除の活用 JIA16

・木材の地産地消問題 JIA16

❷ 設計手法がテーマとなっている提案タイプ (独自性

 

アルゴリズムによるハイテク建築

・アルゴリズムによる空間的新たな空間 JIA16

・アルゴリズムによる構造的新たな空間 JIA16

・アルゴリズムによる空間構成による建築 JIA16

■建築と他分野の融合による建築

・視覚と建築の関係による建築の再考 JIA16

・建築と心理学によるシークエンス JIA16

・建築と生物学による都市の再興 JIA16

・建築と社会学による身体的な空間 JIA16

・植物と住空間 JIA16

・風の解析による建築 JIA16

建築化ノーテーション、パラメーター化

・ダンスや舞の解釈による建築 JIA16

・音楽の解釈による建築 JIA16

・植物の解釈による建築 JIA16

・映像作品の解釈による建築 JIA16

■多様式との融合による建築

・仏教の建築の思考 JIA16

❸プログラムのコンプレックスの提案タイプ

・浄水所×ミュージアム

❸ ❶❷に独自の提案のないただの設計課題タイプ 

※研究と対象外とする

 コンセプト ~

このサイトは様々なサイトや学生団体をまとめるある種「建築学生の教科書的役割」を果たしています。サイトの情報は先輩から後輩へ引き継ぎ共有していくため日々更新を続け成長していきます。全国の全建築学生が共有できるよう友達にサイトを共有しよう。 リンク

 サイトマップ ~
 コメント ~

​このサイトは建築設計を取り組む全国の建築学生へ先人の設計知識を共有し建築設計のレベルを上げるために作成しました。設計が就職するためや賞歴をつくるために終わらず設計をもっと楽しく新たな可能性に挑戦してくれると願っております。(清水)

Zenkoku Kenkomi​ 2020 ParticipatoryArchiveMedia

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now