​全国ケンコミ建築設計研究所
​世界建築史Ⅲ

多様社会(建築家中心の建築)

ポストモダニズム建築 脱構築主義建築 還元主義建築

​~ 第4 建築の始まり ~
​第1章 ポストモダン

 モダニズムの批判からうまれたスタイルで、脱モダニズムを目指したもの。 

流行時期は1960-90年代で、近代建築を更新する新しい美学を提唱したとして建築史的に大きなムーブメントであるとされる。とくに "形の意味" について焦点が当てられている。ロバート・ヴェンチューリの著作「建築の多様性と対立性」(1966)は、近代建築を正面から批判した最初のものとして、近代建築史では重要な文献と評価されている。43年前にコルビジェが記した「建築をめざして」と並ぶ理論書となった。また、この用語はアメリカの建築史家であるチャールズ・ジェンクスの著作「ポスト・モダニズムの建築言語」(1977)で使われたことをきっかけに、哲学、文学、芸術など分野の垣根を超えて広がった。

歴史や伝統に対する文脈主義、装飾をつかった隠喩主義。不完全や、統一的でないことに対する美の定義。大げさな遊び心、気楽さ、娯楽性の表現。機能部材と非機能部材の差異を明らかにする。二重のコード化(解釈のレベルの重層化)→大衆だけでなく建築家ともコミュニケーションがとれる特徴を建築にもたせること。

◆◆ロバート・ヴェンチューリ

ヴェンチュリーは、1950年代にモダニズム建築の先駆者のひとりであったルイス・カーンの元で働き、60年代にはいるとインターナショナル・スタイルへの反発をしめし、ポストモダンの中心人物となった。

<「建築の多様性と対立性」1966>

ヴェンチューリは近代建築を「either or」(あれかこれか)の建築であると述べた。 モダニズム建築はひとつの意味しか持たず、単純で貧しい、薄っぺらい建築である。あるべき姿は、曖昧さや多様な価値観を含んだ、つまり「both and」(あれでもありこれでもある)の建築だと主張した。

<ミース・ファン・デル・ローエの建築への批判>

モダニズム建築の典型としてミースの近代建築とその影響について批判した。ヴェンチューリはミースの名言「Less is more.」を皮肉って、「Less is bore.」と述べている。ミースに由来する商業的な様式の新建築がリピートされ、それらは都市の中心部にあふれており、個性のない街が出来上がっている。コルビジェやバウハウスが目指した素晴らしい新世界とはかけ離れている、幼稚でキッチュな紛い物だ、としている。特徴がなく、退屈で単調、何も考えずにただリピートされることを嫌ったのだった。

<「Learning from Las Vegas.」1972>コルビジェに代表される、単純化されすぎた近代建築を、貧しいとして批判し、ラスベガスの商業建築から、現代アメリカのヴァナキュラー(土着性)を見出した。

<ヴェンチューリが問題にした "形の自立性" >

モダニズム建築を支えていた理論である、建築の形は機能や技術(構造など)によって、その正しさが認められる、というのは根拠がない。形の正しさは、形以外の要因では説明できない。"形の自立性" を認識することを促した。背景には、当時流行っていた記号論が強く影響している。その物自体に価値はなく、モノ同士の関係によって、はじめて価値が見いだせるという考え方。関係性によって形の正しさを見出す建築がつくられるようになり、その代表がアメリカの「ニューヨーク・ファイブ」だった。空間を決めるとき、機能ではなく、壁を根拠にするやり方を提案した。

 

a<ニューヨーク・ファイブ>

コルビュジエのスタイルを引用した、白くて抽象的なデザインが特徴の建築家。1972年に発売した「ファイブアーキテクト」によって括られ、なづけられた。

 

<ポストモダン建築が抱えた危険性>

ポストモダンの思想は、"形の意味" を問い直したという点において、モダニズムを一歩先に進めるのに大きな役割を果たしたが、一方で、安っぽいデザインに陥りやすい傾向を持っていて、実際にそうなってしまった例も多い。うわべだけの形に着目した建築が多く建てられてしまったのも事実。

■母の家  Vanna Venturi House

ポストモダン建築運動の最初の著名な作品の1つであるVanna Venturi Houseは、ペンシルベニア州フィラデルフィアのチェスナットヒル周辺にあります。 建築家ロバートベンチュリが母親のヴァンナベンチュリのために設計し、1962年から1964年の間に建設されました。[1]
5部屋の家の高さは煙突の上部で約30フィート(9 m)ですが、建物の規模を示す建築要素を意図的に操作することによって達成された記念碑的な正面ファサードがあります。[2] 非構造アップリケアーチと「壁の穴」の窓、その他の要素は、ベンチュリの本「建築における複雑さと矛盾」とともに、モダニズムの正統派に対するオープンな挑戦でした。 建築史家のヴィンセントスカリーはそれを「20世紀後半の最大の小さな建物」と呼んだ[3]。
この作品では、彼の理論ベンチュリ複雑さと矛盾を具現化し、純粋にコラージュ、引用、さらには皮肉、例えば煙突シャフトから転用された皮肉として現代のリソースを使用して、ファサード上のギリシャのペディメントを引用します。この作品が建設されたのと同時に、ベンチュリは彼の最もよく知られている「建築の複雑さと矛盾」の1つに取り組みました。家は均一な外観を持っています, でも、シンプルで対称的.しかし、その外観と合成中心の間には、一連の変更、幾何学的変化、予期しないルートが設定されます。彼のユニットコンセプトは、結局のところ、歴史主義の道具ではなく、彼が言ったように、シルエット全体の理解です。これは、私たちが記憶している家のイメージを単純化した形で表します。ロバート・ベンチュリはよく「ザ・ハウス.「はホーム」です。同じ都市は大衆文化を救出し、家の容積は、一般的に受け入れられたモデルの家を再生します。

  詳細  

   写真  

◆◆リチャード・マイヤー

■ダグラス邸

建築家によって提供されたテキストの説明。ミシガン湖のほとりに浮かぶダグラス邸は、1971〜1973年にリチャードマイヤーによってジムとジャンダグラスのために建てられました。まるで木の中に浮かんでいるかのように、家は水の上の急な斜面にそっと置かれます。マイヤーが家について述べたように、「とても急な傾斜は、家に落とされたように見える水への傾斜であり、自然界に上陸した機械で作られた物体です。家の白さとの劇的な対話また、水、木、空の主要な青と緑は、家がその存在を主張するだけでなく、対照的に、その自然環境の美しさも向上させることを可能にします。家を丘に固定しました。入口は道路に面した家の東側にあり、マイヤーはこれを「プライベート」ゾーンと見なし、屋根レベルの橋によって拡張されています。入り口の玄関に入ると、ルーフデッキへと続く部分があり、リビングルームとキッチンは2階建てで、向かい側には暖炉があり、Meierが設計した家の典型的な暖炉が見えます。リビングルームとダイニングルームを含むこの家は、ミシガン湖に面しており、1階建ての入場スペースをだましているのと比べると、まったく異なる場所の印象を与えます。リビングルームは周囲の風景に開放されており、床から天井までの3つの大きな窓があります。これは、家の西側で景色を利用するために頻繁に使用されていました。また、パブリックゾーンとプライベートゾーンをさらに分離する天窓から太陽光を受け取ります。ベッドルームは、プライベートファンクションにぴったりの小さく、キャビンのように設計されています。床の層はこれらの窓のマリオンを通して外側で読み取られ、内部のパブリックゾーンとプライベートゾーンも窓の数とサイズに応じて決定できます。家の中の循環は主に水平で、家の隅にある2つの階段、1つの内部と1つの外部。それらの配置は、屋外への水平方向のビューを妨げないようにするためのものでした。
マイヤーの建物の典型であるように、家は鉄筋コンクリートとガラスで作られた真っ白で、煙突から屋根まで伸びている2本の鋼管を除いて、入り口のレベルの景色をフレーミングしています。家の白はそれが季節の色の変化の間に風景の人工のオブジェクトとして突き出るようにし、それは大きなガラスパネルを通して内部で体験することができます。これらの自然な環境はまた、建築の際に考慮されました家を強制的に統合しながら、風景を最も自然な状態に残すために、できるだけ少ない木が削除された家。3年間の建設期間の後、ダグラスハウスが完成しました。マイヤーは、ルコルビュジエ、ミースファンデルローエ、および彼自身によって設計された家具を家に提供しました。完成すると、周囲に設計された自然以外の装飾は必要ありませんでした。マイヤーの作品により、家は海岸線、湖面、地平線の自然な水平線に沿って広がり、縦のマリオンのある木のパターンに従い、内から外へとゆったりとした広い連続性が生まれました。

   詳細  

   写真  

 

◆◆チャールズ・ムーア

■Piazza d'Italia

チャールズ・ムーア(ペレス・アーキテクツと共に)、ニューオーリンズのイタリア広場.

イタリア広場は、ルイジアナ州ニューオーリンズのダウンタウンにあるラファイエットとコマースストリートにあるアメリカイタリア文化センターの後ろにある都市の公共広場です。ニューオーリンズ市が100%所有する公益法人であるニューオーリンズ・ビルディング・コーポレーション(NOBC)が管理しています。ポストモダン建築家チャールズ・ムーアとニューオーリンズのペレス・アーキテクツのデザインによると1978年に完成したイタリア広場は、アーティストや建築家の一部で広く評価されています。完成前から建築の傑作と見なされ、実際には、それを取り巻く開発が実現しなくなるため、広場は急速に悪化し始めました。新しい千年紀の変わり目に、イタリア広場はニューオーリンズ人にはほとんどまれで知られておらず、最初の「ポストモダン廃墟」と呼ばれることもあります。2003年に完成したニューオーリンズのロウズホテルに隣接するライクスセンターを改修し、イタリア広場(2004年までに達成)の完全な修復が伴いました。1974年、著名な現代建築家、イェール建築学校の元学部長、後にポストモダン建築と呼ばれた機知に富んだ活気に満ちたデザイン言語の支持者であるチャールズ・ムーアは、ニューオーリンズのイタリア系アメリカ人コミュニティのビジョンを実現するためにアプローチされました。3人の若い建築家と密接に協力して、ニューオーリンズのペレス会社(マルコム・ハード、ロナルド・フィルソン、アレン・エスキュー)と密接に協力して、ムーアはイタリア半島の形をした公共の噴水を考案し、複数の半循環コロネード時計塔カンパニールローマの寺院に囲まれ、後者の2人は抽象的でミニマリストで表現しました。街区の真ん中に位置する中央の噴水は、ポイドラスストリートから延びる先細りの通路を通って、または商業通りがラファイエット通りで終わる時計塔のアーチ型の開口部を通って、2つの方向にアクセスされました。噴水とその周囲の吹き抜けは、古典的な形と命令をふざけて適切に、現代の材料(例えば、ステンレス鋼ネオン)またはキネティカル(例えば、ウォータージェットの使用を通じて伝統的なコリントの首都のアカンサスの葉を示唆する)でそれらを実行する。

   詳細  

   写真  

◆◆マイケル・グレイヴス

■ポートランド・ビル

ポートランド・ビル(: Portland Building)として一般的に知られるアメリカ合衆国オレゴン州ポートランドの15階建ての市庁舎である。市中心街の1120 SW 5th Avenueに所在する。建設には2900万ドルを要し、1982年に完成した[6]

設計はマイケル・グレイヴスによる。特徴的なブロック様のデザインと正方形の窓を持ち、ポストモダン建築の代表的作品となっている。1985年、打ち出し細工の銅像「ポートランディア」がポートランド・ビルの入口に飾られた。

ポートランド・ビルは現在でもポートランドの住民や建築学界によって論争の的となっている。世界で最初となるポストモダン建築の重要作で、その竣工はフィリップ・ジョンソンAT&Tビルよりも前に遡る。そのデザインは20世紀初頭に確立したモダニスト建築の原理を否定するものと言われている。グレイヴスのデザインは、ジョンソンが選考委員会委員を務める大規模な設計コンペにおいて選出された。

デザインに関する疑念を超えて、ポートランド・ビルは竣工して間もなく多くの構造的欠陥が指摘された[7]ポートランド・ビルの欠陥はこの建物で働く公務員によりユーモアと侮蔑の対象となっており、「低予算で建てられた」「働くのが難しい」と言われている

   詳細  

   写真  

◆◆フィリップ・ジョンソン

■AT&Tビル(現ソニービル)

アメリカ合衆国ニューヨーク市マンハッタンミッドタウンに建つ超高層ビルである。旧名は、ソニー・タワー (Sony Tower) またはAT&Tビルディング (AT&T Building) 。2016年までソニーの北米事業を統括するソニー・コーポレーション・オブ・アメリカの本社が入居していた。それ以前は、AT&Tのビルであった。現在の所有者はサウジアラビアの企業Olayanになっている。50 マディソン・アベニューは37階立て高さ197mであり、所在地はニューヨーク市マンハッタン55丁目と56丁目の間のマジソン街550号である[1]建築家フィリップ・ジョンソンとパートナーのJohn Burgeeによって設計され、1984年に竣工した[2]。完成とともにその装飾的なビルの最上部が議論の的となった(有名なイギリス人デザイナーによる本棚および他の高級家具のように開いたペディメントの特徴は"チッペンデール"と言ってときに物笑いにされる[3])が、 約七階分の高さを持つ壮大なアーチ状のエントランスは利用者を楽しませている。これらの装飾性を与えることで、このビルは味気のない機能主義や純粋に効率的な設計を求めたモダニズム建築に対して挑戦している。このビルが世間一般に与えた影響は、世界全体のポストモダン建築運動を正当化するものと見なされている.

   詳細  

   写真  

◆◆ジェームズ・スターリング

ノイエ・シュターツギャラリー新館

イギリスの建築家。1960年代から活躍を始め、イギリスで最も重要な建築家となった。彼の建築は、敬愛する建築家であったル・コルビュジエなどのモダニズム建築の研究に基づいていたが、その形状や色彩はより華やかであり、本人はそう望まなかったもののポストモダニズムの建築家として分類されることもある。当初は予算的制約からレンガを使い、その後も石やタイル、スタッコを表面に使った作品が多かったが、それらの建材を円形や曲線状の建物の表層に幾何学的に配する手法や、パステル調などのカラフルな配色などは一世を風靡した。

   詳細  

   写真  

◆◆ジェームズ・スターリング

ノイエ・シュターツギャラリー新館

イギリスの建築家。1960年代から活躍を始め、イギリスで最も重要な建築家となった。彼の建築は、敬愛する建築家であったル・コルビュジエなどのモダニズム建築の研究に基づいていたが、その形状や色彩はより華やかであり、本人はそう望まなかったもののポストモダニズムの建築家として分類されることもある。当初は予算的制約からレンガを使い、その後も石やタイル、スタッコを表面に使った作品が多かったが、それらの建材を円形や曲線状の建物の表層に幾何学的に配する手法や、パステル調などのカラフルな配色などは一世を風靡した。

   詳細  

   写真  

◆◆アルド・ロッシ

ホテル・イル・パラッツォ

福岡県福岡市中央区春吉にあるアルド・ロッシ設計のデザイナーズ・ホテルである。施工会社は辰村組(現・南海辰村建設)である。1989年に開業した日本におけるデザイナーズ・ホテルの先駆けで、バブル期に数多く企画された著名外国人建築家の設計による建築としても初期のものである。博多地区天神地区の中間にあり、ラブホテルなどが多く立地する春吉に位置する。客室数は62室。「イル・パラッツォ」(Il Palazzo)はイタリア語で「宮殿」の意味である。全体の基本設計をイタリア人建築家のアルド・ロッシが行っている。外装にはイラン産の赤みのあるトラバーチンが用いられており、垂直に走る円柱状のトラバーチンと、水平に走る緑色銅板のファサードに端正な表情を与えている。インテリア・デザインは、パブリック・スペースを内田繁、客室を三橋いく代がデザインしている。また、ホテルの四隅に設けられたバーは、基本的に同じ形状をした空間で、アルド・ロッシ、倉俣史朗ガエターノ・ペッシェエットレ・ソットサスの4人が、デザインを競っている。2009年1月5日よりリニューアル工事のため全館休業し、7月20日に再オープンした。

   詳細  

   写真  

◆◆磯崎新

Team Disney Building

1991年にオープンした磯崎新のオーランドにあるディズニーチームビルディングは、建築上最も純粋なディズニーの建物です。 1200人が働く長いサイドウィングは完全にスキームに統合され、建物の中央部分の爆発するカスケードに必要なカウンターバランスを形成します。
上部に開いている大きなロタンダは、世界最大の太陽文字盤でもあります。したがって、ディズニーの最も抽象的な建物でさえ、物語、時間の物語を語っています。そして最後に、マウスの様式化された耳は、ロサンゼルスの彼のMoCAにおけるマリリンモンローの曲線への磯崎の数値的かつ正式な参照を思い出させます。建物の形、素材、色は、心房に飾られたソルルウィットの大きな絵画に反映されています。モデルの縦断面図。大きなシリンダーの周りのスペースは、いくつかのパーティションのみで、大きなオープンプランのオフィスに対応します
この記事は、ディズニー症候群に関するレポートの一部として、1996年11月にDomus 787で最初に公開されました。
ディズニーシンドロームは実際には、ますます強くなっている一種のエンターテインメントアーキテクチャの一般的なテーマです。それはまだ深刻なアーキテクチャとして認識されていません。しかし、この種のアーキテクチャプログラムは、実際にはディズニーコーポレーションによって発明され、模範的な完成度で構築されたと主張できます。

   詳細  

   写真  

 

◆◆丹下健三

東京都庁舎

この建物は丹下健三の後期の代表作のひとつで、一般にデザインとしてはポストモダンに属するとも、第一本庁舎は一般にパリのノートルダム大聖堂の形態を引用しているともいわれている。平面形は正八角形をモチーフとしている。建物ファザードのデザインについては当時のスタッフの一人中村弘道がノーマン・カーヴァーの著『日本建築の形と空間』に掲載されていた大阪に残る豪農・吉村邸の天井見上図にある細長い格子状パターンを見つけて採用したものであるが、外向きの答えとして丹下は、コンピューターチップをイメージしたとなどと述べている。 デザインについては批判もあるが、特徴のある形態のため、ランドマークとしての機能を果たしている。 また、第二本庁舎は、同じ丹下の設計した新宿パークタワーと意匠的な共通点がみられる。構造的にはスーパーストラクチャー方式を採用しており、第一本庁舎、第二本庁舎とも、1棟につき8本のスーパー柱と10階ごとのスーパー梁で建物全体を支え、19.2mスパンの無柱空間を確保している。スーパーストラクチャー方式は、同じ丹下の設計によるフジテレビジョン本社(FCGビル)等でも用いられている。

   詳細  

   写真  

◆◆隈研吾

M2

東京のエッジをリング状につなぐ環八に沿ってたつ、自動車メーカーのデザイン・ラボ。東京のエッジは様々な建築様式、素材、スケールが混在する断片が散在するカオスである。その断片の集積状態を、意図的に加速、強調してひとつの建築の中に実現した。中が大きな空洞となったイオニア式の柱、ロシア構成主義のレオニドフのアンテナ、高速道路の遮音板などが、脈絡無く重合している。その後、ほとんどオリジナルのデザインのまま葬祭場へと転用された。

   詳細  

   写真  

◆◆ジェームス・スターリング

■ポートリー

長期にわたる保存キャンペーンの後、ジェームズスターリングのNo. 1家禽は、「商業的ポストモダニズムの卓越した例」としてリストされたステータスを付与されました。
英国の保存機関ヒストリックイングランドは、特別な計画の許可なしに解体、拡張、または変更できないことを保証するために、英国のポストモダニズム、グレードII *のリストを象徴する建物を授与しました。ヒストリックイングランドは、「英国の第一次大戦後の建築家」であるスターリングのデザインは、ピンクとバフの砂岩が交互に現れる独特の縞模様のファサードを特徴としています。
くさび形のスターリングから離れた柱状の時計塔とバルコニーのプロジェクトは、1985年から1988年にマイケルウィルフォードとアソシエイツと一緒にNo 1家禽を設計しました。1994年から1998年にかけて建設され、1992年に亡くなったスターリングによって最後の完成プロジェクトになりました。
スターリングは彼の死の数日前に建築への貢献を認められて騎士になり、1996年にRIBAは彼にちなんでそのビルオブザイヤー賞をスターリング賞に改名しました。このプロジェクトは、ミースファンデルローエによる以前のデザインの拒否を受けて、開発者であり元アーツカウンシルはピーターパランボの議長を務めました。
クイーンビクトリアストリートとロンドン市の家禽の間の土地のくさびに設定されて、それは銀行保全地域内のその配置とサイトを保護するためにいくつかのグレードIIに指定された建物の取り壊しに対する批判を集めました。

   詳細  

   写真  

 

記事の追加、要望、質問をする
(​公式LINE)

多くの建築学生からの意見や要望のご協力ありがとうございます。

全国ケンコミLINEでは追加したい記事や項目、意見、要望、質問を受け付けています。

公式LINEからサイトのページ、追加したい記事や内容、リンクなどなんでも送ってください。

​建築について建築学生みんなで協力して追及していきましょう。

 コンセプト ~

このサイトは様々なサイトや学生団体をまとめるある種「建築学生の教科書的役割」を果たしています。サイトの情報は先輩から後輩へ引き継ぎ共有していくため日々更新を続け成長していきます。全国の全建築学生が共有できるよう友達にサイトを共有しよう。 リンク

 サイトマップ ~
 コメント ~

​このサイトは建築設計を取り組む全国の建築学生へ先人の設計知識を共有し建築設計のレベルを上げるために作成しました。設計が就職するためや賞歴をつくるために終わらず設計をもっと楽しく新たな可能性に挑戦してくれると願っております。(清水)

Zenkoku Kenkomi​ 2020 ParticipatoryArchiveMedia

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now