​全国ケンコミ建築設計研究所
​世界建築史Ⅲ

多様社会(建築家中心の建築)

ポストモダニズム建築 脱構築主義建築 還元主義建築

​~ 第4 建築の始まり ~
​第6章 コンテクスト

コンテクストと言うと、文脈や状況などを読み解き、つなぎ合わせていくようなニュアンスがあります。記憶という言葉は不確かすぎるかもしれませんが、基本的に建築家は、ある場所の上に建築を積み上げていく作業をするわけですよね。でも、いちど場所を掘り下げ、遺跡を発掘するように何かを探していくと、記憶の痕跡がいくつか見つかり、最初はよくわからないのだけれど、何か可能性があるのかもしれないと思える発見がある。

​歴史的コンテクスト

​継承建築のタイポロジーとして建築的な要素を継承する継承建築と都市計画的な要素を継承する継承建築、都市を継承する建築群の3つを上げそれぞれについて事例を踏まえて可能性を提示していく。

◆◆建築的な継承建築

■田根剛

マニフェストがあって建築が新しい未来を創るという近代的な考え方に限界を感じたこと、それよりも記憶こそが未来を創るのではないかと考えたこと、それが「Archaeology of the Future」「未来の記憶」のタイトルをつけた理由です。《エストニア国立博物館》でも、ソ連時代の軍用滑走路という負の遺産にさえ、記憶の集積があります。そうした場所の記憶を深いところまで掘り下げそこから未来につなげるということをやっていきたいと考えています。

歴史というのは時代によって編集され、情報化されます。ここで言う記憶とは、個人の記憶ではなく集合的記憶のことです。記憶は文明や文化によって蓄積されることでよりスペシフィックなものとなる。場所の記憶は、情報がこれだけあふれた社会であっても、掘り下げていくとさらにまだ出てくるところがおもしろくて、そこから建築の未来が見えるのではないかと考えています。

  詳細  

   写真  

◆◆都市計画よりの継承建築

■街の歴史を伝え続ける歴史的建築物を、都市再生の中でいかに存続させるか―建築設計者は歴史継承と課題克服の相反する問いに、最適解を導きだしていかなければならない。本書は、そのための設計思想を紹介する。豊富な写真や図面とともに、手法だけでなく、著者が実際に携わった事例(日本工業倶楽部会館、三菱一号館、東京中央郵便局舎、歌舞伎座)を交えて紹介する。

■日本工業倶楽部会館

■三菱一号館

■東京中央郵便局舎

■歌舞伎座

 

◆◆都市の継承

カリフォルニア科学アカデミー

カリフォルニア科学アカデミーは、自然界の研究に関してだけでなく、それらの調査をその建築に実装する側面においても、主要な科学機関としての地位を占めています。レンゾピアノによって設計された、それは持続可能なシステムの広範なネットワークのために注目に値します。これらには、自然換気、放射床暖房、HVAC機器、高性能ガラス、および逆浸透加湿システムによって生成された熱を取り込んで使用する熱回収システムが含まれます。これらの集中的ではあるが慎重なシステムの結果として、この建物は可能な限り最高のLEED格付けであるLEEDプラチナを受賞し、世界最大のそのような公共の建物になりました。
しかし、施設のイメージを形作った最も顕著な要素は、その巨大な波状の緑の屋根です。建物の上には2.5エーカーを超える植物相があり、サンフランシスコで最も密度の高い在来野生の花が集中しています。それは在来の鳥や昆虫を引き付けることによってそれ自身の生態系を作成します。自然光が公共スペースの90%を透過できるようにします。冷たい空気を広場に引き込みます。しかし、これらのランダムに見える要素は、まとまりのあるシステムを作成するためにどのように連携するのでしょうか。この課題では、CASの緑の屋根と、その要素の範囲が他の同様の屋根とは異なる動的システムを作成する方法に焦点を当てます。CASの屋根は、次のような意味で「生きている」ので、注目に値し、独特です。
1.上記のサンフランシスコのエコシステムを拡張し、
2.その巨大なスケールと形状は、ダイナミックな気候システムを作成します。
非常に統合されたシステムを作成するために、屋根の上と下の両方が相互作用します。

  詳細  

   写真  

 

エコロジー建築:パターン2

<植物など自然界のものを取り入れることで、環境問題への対応を試みたもの>

主に建築と自然の融合が目的になっている。機械的なテクノロジーを駆使するというよりも、自然を取り込むことでエコロジー対策を試みるもの。パターン1が自然をどうにかコントロールしようとする意図があるのに対して、パターン2は東洋的な自然感に近いアニミズム的発想がある。

記憶的コンテクスト

◆◆建築的な継承建築

■田根剛

マニフェストがあって建築が新しい未来を創るという近代的な考え方に限界を感じたこと、それよりも記憶こそが未来を創るのではないかと考えたこと、それが「Archaeology of the Future」「未来の記憶」のタイトルをつけた理由です。《エストニア国立博物館》でも、ソ連時代の軍用滑走路という負の遺産にさえ、記憶の集積があります。そうした場所の記憶を深いところまで掘り下げそこから未来につなげるということをやっていきたいと考えています。

歴史というのは時代によって編集され、情報化されます。ここで言う記憶とは、個人の記憶ではなく集合的記憶のことです。記憶は文明や文化によって蓄積されることでよりスペシフィックなものとなる。場所の記憶は、情報がこれだけあふれた社会であっても、掘り下げていくとさらにまだ出てくるところがおもしろくて、そこから建築の未来が見えるのではないかと考えています。

  詳細  

   写真  

◆◆都市計画よりの継承建築

■街の歴史を伝え続ける歴史的建築物を、都市再生の中でいかに存続させるか―建築設計者は歴史継承と課題克服の相反する問いに、最適解を導きだしていかなければならない。本書は、そのための設計思想を紹介する。豊富な写真や図面とともに、手法だけでなく、著者が実際に携わった事例(日本工業倶楽部会館、三菱一号館、東京中央郵便局舎、歌舞伎座)を交えて紹介する。

■日本工業倶楽部会館

■三菱一号館

■東京中央郵便局舎

■歌舞伎座

 

◆◆都市の継承

カリフォルニア科学アカデミー

カリフォルニア科学アカデミーは、自然界の研究に関してだけでなく、それらの調査をその建築に実装する側面においても、主要な科学機関としての地位を占めています。レンゾピアノによって設計された、それは持続可能なシステムの広範なネットワークのために注目に値します。これらには、自然換気、放射床暖房、HVAC機器、高性能ガラス、および逆浸透加湿システムによって生成された熱を取り込んで使用する熱回収システムが含まれます。これらの集中的ではあるが慎重なシステムの結果として、この建物は可能な限り最高のLEED格付けであるLEEDプラチナを受賞し、世界最大のそのような公共の建物になりました。
しかし、施設のイメージを形作った最も顕著な要素は、その巨大な波状の緑の屋根です。建物の上には2.5エーカーを超える植物相があり、サンフランシスコで最も密度の高い在来野生の花が集中しています。それは在来の鳥や昆虫を引き付けることによってそれ自身の生態系を作成します。自然光が公共スペースの90%を透過できるようにします。冷たい空気を広場に引き込みます。しかし、これらのランダムに見える要素は、まとまりのあるシステムを作成するためにどのように連携するのでしょうか。この課題では、CASの緑の屋根と、その要素の範囲が他の同様の屋根とは異なる動的システムを作成する方法に焦点を当てます。CASの屋根は、次のような意味で「生きている」ので、注目に値し、独特です。
1.上記のサンフランシスコのエコシステムを拡張し、
2.その巨大なスケールと形状は、ダイナミックな気候システムを作成します。
非常に統合されたシステムを作成するために、屋根の上と下の両方が相互作用します。

  詳細  

   写真  

 

エコロジー建築:パターン2

<植物など自然界のものを取り入れることで、環境問題への対応を試みたもの>

主に建築と自然の融合が目的になっている。機械的なテクノロジーを駆使するというよりも、自然を取り込むことでエコロジー対策を試みるもの。パターン1が自然をどうにかコントロールしようとする意図があるのに対して、パターン2は東洋的な自然感に近いアニミズム的発想がある。

場所や環境のコンテクスト

◆◆コンテクストを取り込む

■石上純也 未完成という完成

湖に隣接した敷地において最大限に光や風を享受できる形態を求め、エンジニアチームと議論しながら最小限の操作による非常にシンプルなデザインの中にある、新しさをみつけることが求められた。型枠制作の簡易性によってコストコントロールを、外壁面の出入りによって光を調整を行い、その機能の結果として現れる形態が、この場所におけるシンボルになる状態を作り出した。

あれから時が経ち、社会は以前よりも一層多様化した現在があるが、このプロジェクトで考えたこと、シンプルな新しさは決して古びることなく、内部機能が設計過程の中で大きく変動したにも関わる事なくあの時に考えた事が実現された。それは変化を受け入れるという前提から、設計をしていくということで、完成させるというゴールを目指すのではなく、むしろ育てていく建築の姿がそこには存在している。私たちは日々、未完成という完成、つまりはgrowing architectureを模索し続けている。

◆◆地域のコンテクストを引き出す

■石上純也 小さな公共性

マテリアルには古民家や造船の街にちなんだ、木材、モルタル、スチールを採用し、魚灯を連想させるような照明のアクセントなど小さな要素を緻密に設計し、この街らしさを体験できる空間をつくり出した。

世の中が均一化していく中で、「時間が紡ぐ古いものの価値」と「その街らしい新しさ」の共存関係に都市の魅力を活かす鍵が潜んでいるのではないだろうか。このプロジェクトでは、街の人々が昔から知っている風景に現代の価値観を挿入することで生まれたコントラストによる「懐かしい未来」をつくり出、地域の方が改めて尾道の魅力を発見するきっかけをつくり出そうとした。
ONOMICHI U2では、「尾道らしさ」を継承した建築的操作と、街自体を活かす丁寧なブランディングによって、街の中に散り散りになっている尾道らしさを再編集し、公共性、個人を超えたところにある従来の価値観ではなく、日常生活の中にある小さな出来事を紡いでいくことによって生まれる「小さな公共性」について考え続けた。公共という意味を再編集すること、それはこれからの尾道を、また日本の地方の魅力を引き出していくのではないかと私たちは考えている。

◆◆都市の継承

カリフォルニア科学アカデミー

カリフォルニア科学アカデミーは、自然界の研究に関してだけでなく、それらの調査をその建築に実装する側面においても、主要な科学機関としての地位を占めています。レンゾピアノによって設計された、それは持続可能なシステムの広範なネットワークのために注目に値します。これらには、自然換気、放射床暖房、HVAC機器、高性能ガラス、および逆浸透加湿システムによって生成された熱を取り込んで使用する熱回収システムが含まれます。これらの集中的ではあるが慎重なシステムの結果として、この建物は可能な限り最高のLEED格付けであるLEEDプラチナを受賞し、世界最大のそのような公共の建物になりました。
しかし、施設のイメージを形作った最も顕著な要素は、その巨大な波状の緑の屋根です。建物の上には2.5エーカーを超える植物相があり、サンフランシスコで最も密度の高い在来野生の花が集中しています。それは在来の鳥や昆虫を引き付けることによってそれ自身の生態系を作成します。自然光が公共スペースの90%を透過できるようにします。冷たい空気を広場に引き込みます。しかし、これらのランダムに見える要素は、まとまりのあるシステムを作成するためにどのように連携するのでしょうか。この課題では、CASの緑の屋根と、その要素の範囲が他の同様の屋根とは異なる動的システムを作成する方法に焦点を当てます。CASの屋根は、次のような意味で「生きている」ので、注目に値し、独特です。
1.上記のサンフランシスコのエコシステムを拡張し、
2.その巨大なスケールと形状は、ダイナミックな気候システムを作成します。
非常に統合されたシステムを作成するために、屋根の上と下の両方が相互作用します。

  詳細  

   写真  

 

エコロジー建築:パターン2

<植物など自然界のものを取り入れることで、環境問題への対応を試みたもの>

主に建築と自然の融合が目的になっている。機械的なテクノロジーを駆使するというよりも、自然を取り込むことでエコロジー対策を試みるもの。パターン1が自然をどうにかコントロールしようとする意図があるのに対して、パターン2は東洋的な自然感に近いアニミズム的発想がある。

湖に隣接した敷地において最大限に光や風を享受できる形態を求め、エンジニアチームと議論しながら最小限の操作による非常にシンプルなデザインの中にある、新しさをみつけることが求められた。型枠制作の簡易性によってコストコントロールを、外壁面の出入りによって光を調整を行い、その機能の結果として現れる形態が、この場所におけるシンボルになる状態を作り出した。

あれから時が経ち、社会は以前よりも一層多様化した現在があるが、このプロジェクトで考えたこと、シンプルな新しさは決して古びることなく、内部機能が設計過程の中で大きく変動したにも関わる事なくあの時に考えた事が実現された。それは変化を受け入れるという前提から、設計をしていくということで、完成させるというゴールを目指すのではなく、むしろ育てていく建築の姿がそこには存在している。私たちは日々、未完成という完成、つまりはgrowing architectureを模索し続けている。

私たちの事務所は非常に柔軟な考えを持っており、プロジェクトごとにクライアントやエンジニア、ランドスケープアーキテクト、デザイナーなどと、化学反応を起こしながら、プロジェクトを進行しているため、アウトプットは毎回違うべきであるということであった。つまりそれは、場所や環境によって建築のあり方を問う行為であり、一見すると作家性がないかのように見えるかもしれないが、多様であるということが作家性になりうると言う事でもある。

小さな公共性

記事の追加、要望、質問をする
(​公式LINE)

多くの建築学生からの意見や要望のご協力ありがとうございます。

全国ケンコミLINEでは追加したい記事や項目、意見、要望、質問を受け付けています。

公式LINEからサイトのページ、追加したい記事や内容、リンクなどなんでも送ってください。

​建築について建築学生みんなで協力して追及していきましょう。

 コンセプト ~

このサイトは様々なサイトや学生団体をまとめるある種「建築学生の教科書的役割」を果たしています。サイトの情報は先輩から後輩へ引き継ぎ共有していくため日々更新を続け成長していきます。全国の全建築学生が共有できるよう友達にサイトを共有しよう。 リンク

 サイトマップ ~
 コメント ~

​このサイトは建築設計を取り組む全国の建築学生へ先人の設計知識を共有し建築設計のレベルを上げるために作成しました。設計が就職するためや賞歴をつくるために終わらず設計をもっと楽しく新たな可能性に挑戦してくれると願っております。(清水)

Zenkoku Kenkomi​ 2020 ParticipatoryArchiveMedia

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now