​全国ケンコミ建築設計研究所
​これからの建築を考える

この日本には課題がたくさんある課題先進国であるが一方で課題解決先進国でもある。

今現在も多くの課題を解決するためたくさんの人が考えている。建築学生もその一人になろう。みんなで協力して考えていくべきだ。様々な方の教訓を建築の視点でとらえアーカイブを行う。

​~ Session3 社会の衰退と縮小 ~
​第1章 朽ちるインフラ問題

 

今後都市は明らかに縮小・減退していき、空間、建築、物質の量が余剰していくと考えられます。ラディカルに縮小していく社会のなかで、とくに若い世代の建築家は、分母を減らして分子を増やすような「小さなプロジェクト」を積み重ねながら時間や量のスケールを横断し、確かな社会改良を展開していくのではないか。

計画主義経済をやめて市場にゆだねるしかないのか

日本の国全部を計画してきれいにしていくのは難しい。日本の経済的には。うまくいけばポートランドになるけどへたするとデトロイドになることを肯定する。