​全国ケンコミ建築設計研究所
​これからの建築を考える

この日本には課題がたくさんある課題先進国であるが一方で課題解決先進国でもある。

今現在も多くの課題を解決するためたくさんの人が考えている。建築学生もその一人になろう。みんなで協力して考えていくべきだ。様々な方の教訓を建築の視点でとらえアーカイブを行う。

​~ Session1空間性「水」 ~
​第1章 水辺を連続させる
kengo-kuma10.jpg

隈研吾:水 / ガラス

水でできた「縁側」によって、建築と海とを接続しようという試み。ガラスの箱は水の中に浮かび、水は絶えず溢れ続けてそのエッジを失い、太平洋の水と、建築の中に捕らえられた水とがひとつに融け合う。建築と自然とは、境界をガラスにする事によって接続されるわけではなく、縁側や庇などの水平面を媒介として、一つに接続される。日本の伝統的建築は、そのような仕掛けに溢れていた。この建築の隣地にはブルーノ・タウトが設計した「日向邸」(1936年)がたっており、タウトはそこで〈建築とは形態ではなく自然との関係性である〉という日本建築の原理を実践しようとした。この建築はタウトへのオマージュでもあり、タウトによって日本人が再発見した日本建築の伝統を、現代によみがえらせる試みでもある。

​第3章 コンテクストを表現する水辺

安藤忠雄:大阪府立狭山池博物館

日本最古のダム式ため池”狭山池”の平成の大改修に伴い、発掘された土木遺産などを展示する博物館。毎年安藤忠雄氏自身の記念講演会も開催され、狭山池周辺の美しい景観を市民自らが造り上げていくことで、環境意識を高めて欲しいという想いを述べており、ランドスケープ全体が成熟するまでにはまだまだ時間が必要なものの、狭山池付近の状態から周辺住民の環境意識は高いことがうかがえた。建物に足を踏み入れると、まずはじめに一番の見所である水庭が現れる。この水庭には、屋根上の水盤から大量の水が流れ落ちる、迫力のある滝が形成されており、水面を打つ轟音は外にまで鳴り響いている。他の安藤作品でもよく見ることの出来る、スロープのある円形のコートを上りエントランスへ。
内部は、出土した土木遺産にあわせ構成されたためか、建物の規模の割りに吹き抜け部分をふんだんに配置している。円形コートや、親水を意識させる階段状の水庭の配置、それを取り巻くピロティ、なによりも迷いそうになる全体の構成は、外部に作品を展示することの出来る美術館のほうがあっているかもしれない。

​第3章 建築と一体になる

安藤忠雄:TIME’S(タイムズ) Ⅰ・Ⅱ

一般的な商業建築とは異なり、店内が街路に完全にオープンになって
ないものが安藤さんの設計した店舗には多いようです。そして、迷路のような回遊性をもった半屋外の空間を経て各店舗出入口へアプローチする構成。しかし、この建築の最大のポイントは目前を流れている高瀬川です。打放しコンクリートでなくコンクリートプロック(1期工事分)、陸屋根ではなくヴォールト屋根であるのは建築と水路の関係を考慮しているのかもしれません。水路に張り出した曲面のデッキが建築と水路の関係を高める装置となっています。

隈研吾:長崎県美術館

運河によって分断された2つの敷地を、美術館によってひとつにつなごうと考えた。展示空間は運河に向けて開かれ、水と運河、自然とアートとをひとつに融合しようと考えた。屋上は緑に覆われ、もう一つの「緑のミュージアム」となっている。

隈研吾:V&A Dundee

敷地はダンディー川の南側を流れるテイ川に面し、建築の一部を川の中にはり出すように建てることで、川と建築がひとつに融合した新しい環境調和型建築、地形的建築のあり方を提案した。スコットランド北部のオークニー諸島の美しい崖からヒントを得て、プレキャストコンクリートのバーを、角度を変化させながら水平に積み重ね、陰影と変化のあるファサードを作り出し、自然のもつランダムネスを、建築に持ち込もうと試みた。パラメトリックデザインを駆使することで、このランダムネスに到達した。

建物の中央に水平に貫通する大きな孔、洞窟をあけた。ダンディー市の中心軸であるユニオン・ストリートと、テイ川の美しい自然とを、この「孔」を媒介して、つなげようと試みた。スコットランドを代表する港湾都市として栄えたダンディーは、20世紀、倉庫群によってウォーターフロントと都市とが分断されてしまった。その倉庫群を一掃し、街とウォーターフロント、都市と自然とをつなぎ直そうという、野心的なアーバンデザインの核として、このミュージアムは構想された。建物に孔をあけることで、都市のアクティビティが、ウォーターフロントにまでのび、都市と自然との再接続が実現し、ウォーターフロントが、歩行者のための回遊空間として復活した。都市と自然をつなぐ孔のアイデアは、日本の神社の鳥居からヒントを得た。

パネルをランダムに取り付けることで、室内にも地形のように、おおらかで、あたたかい空間を創造した。上に向かって広がっていくユニークな断面形状と相まって、この空間は、通常の美術館のホワイエにはないような、拡がりと開放感を獲得した。このホワイエは、アートのためだけの空間ではなく、様々なコンサートやパフォーマンスにも使われ、市民の交流の中心となる、コミュニティのLiving Roomとして使われている。

隈研吾:yien east

5つの時代、場所にまたがる4つの建築をひとつの場所に集め、庭園の中にひとつながりのシークエンスを作った。4つの場所、時代とは具体的に、奈良当麻寺門(江戸時代)、奈良般若寺玄関(江戸時代中期)、奈良般若寺書院(江戸時代中期)、金沢横山家能舞台(江戸時代後期)、中国明代の江蘇省の敷石である。

多用な存在を並置するときに、水の力を借りた。敷地の明治時代を代表する庭師、小川治兵衛が、琵琶湖疎水の水を日家作った。南禅寺の庭園群の一角にあり、ここにもまた琵琶湖の水を引くことが可能であった。敷地の中に水を流し、大きな水面を作り、その上に浮かぶ4つの建築を浮かべるためである。日本庭園が寝殿造りにおいても、回遊式庭園においても、いかに水の力に依存しえいたかを新ためて知る機会となった。

​第2章 宗教的な水辺

安藤忠雄:水の教会

北海道勇払郡占冠村の星野リゾート トマム内にあるチャペル。第31回『BCS賞』(1990年)受賞。「あるがままの自然を、人間の意志によって切り取った空間こそ『聖なる空間』である」とする建築家安藤忠雄が設計した。
白樺(シラカンバ)の森とL字型のコンクリートに沿って進むアプローチから非日常空間への演出が始まり、教会内部は自然の要素「水・光・緑・風」に触れることができるものとなっている。礼拝堂はガラス扉(5m×15m)がスライドして開放的な空間になる。
十字架は水深15cmの水辺の真ん中にあり、祭壇に水が流れていることで人が足を踏み入れることの出来ない神聖な空間を作っている。
屋上には、鉄筋コンクリート製の4本の十字架がトップライトを囲んで立てられており、外観上の特徴になっている。

​第2章 日本的な水辺

隈研吾:Water/Cherry

太平洋を見下ろす崖の上に立つ、分離型のヴィラ。分離(多島海)スタイルを採用することで、それぞれの棟に、茶室のようなヒューマンスケールと暖かさとを与えることができた。外壁にも室内にも「ヤマト貼り」と呼ばれる板を互い違いに貼る、日本の伝統のディティールを多用して、ディテールにおいても「小ささ」を追求した。

​第2章 川辺や水をイメージ

安藤忠雄:なにわ橋駅出入口

安藤忠雄氏がデザインした出入口は、難波橋から中央公会堂に続く街路のゲートをイメージして設計され、中之島の近代建築や真横を流れる二つの川との融合を図っている。
内側背後にはLFD照明を内蔵したガラスブロック壁を採用し、照明に濃淡のグランデーションをつけることで、階段の昇降時には水中へ潜るような気分にさせる演出も施される予定。
非常にシンプルなデザインの出入り口が、夜間の青く浮かび上がるようなライトアップとその先にある中央公会堂との対比を引き立たせそうで楽しみ。

 コンセプト ~

このサイトは様々なサイトや学生団体をまとめるある種「建築学生の教科書的役割」を果たしています。サイトの情報は先輩から後輩へ引き継ぎ共有していくため日々更新を続け成長していきます。全国の全建築学生が共有できるよう友達にサイトを共有しよう。 リンク

 サイトマップ ~
 コメント ~

​このサイトは建築設計を取り組む全国の建築学生へ先人の設計知識を共有し建築設計のレベルを上げるために作成しました。設計が就職するためや賞歴をつくるために終わらず設計をもっと楽しく新たな可能性に挑戦してくれると願っております。(清水)

Zenkoku Kenkomi​ 2020 ParticipatoryArchiveMedia

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now