ペーター・ベーレンス Peter Behrens

ペーター・ベーレンスは、20世紀ドイツ建築家デザイナーモダニズム建築や工業建築の分野の発展に多大な影響を与えた。初めはミュンヘンで画家・グラフィックデザイナーとして活動し、1892年ミュンヘン分離派に参加。建築家に転じ、ヘルマン・ムテジウスドイツ工作連盟に参加。1907年、ベルリンに事務所を開設。電機メーカーAEGのデザイン顧問に就き、同社タービン工場の設計を手がけた。これはモダニズム建築初期の代表的作品になった。また、ガス給湯器や照明器具、家電、文房具、タイプライターといった工業製品のデザインも手がけるなど、インダストリアルデザイナーとしても活躍した。彼のデザインした会社ロゴは各種のAEG製品に使用され、これがコーポレートアイデンティティの先駆けとなった。

1922年にはウィーン美術院建築学校長に就任。ヴァルター・グロピウスミース・ファン・デル・ローエル・コルビュジエも、一時期ベーレンスの建築事務所に在籍していた。

【 ぺーター・ベーレンス邸1901年】

画家としてのキャリアーを十分に積み、ミュンヘン・セセッションの創設にも携わった ぺーター・ベーレンス はこのDarmstadt 芸術家村の一員として1899〜1903の間、活動を続ける傍ら、この自邸を設計しました。建物はもとより家具調度に至るまで、アーツアンドクラフトとユーゲント・シュティルの影響を受けてはいるものの、建築家への第一歩を踏み出した記念すべき建物と言えるでしょう。ベーレンスが画家から転向した直後の作品でダルムシュタットの芸術村に造られた。アール・ヌーヴォーの影響が色濃い。

【 ハーゲンの火葬場1907年】

フィレンツェのサン・ミニアートを思わせるアプローチ計画、墓地からの傾斜を上がった森を背後に控え、単純なマッスで構成されています。生者の領域は白の大理石死者の領域は荒削りの石積みで明確に区分され表現されています。吹き抜けのホール廻りに設えられた大理石のスライス板を透過した光が、ほの暗い厳粛な空間を創り出しています。

【 AEGタービン工場1910年】

 ドイツの電機会社 AEGの工場。建築家兼インダストリアル・デザイナー P.ベーレンスの設計。 1909~10年にベルリンに建築された。作業場の大空間を鋼鉄製の3段アーチがおおい,側面にはアーチの鉄桁の間に,床面から軒蛇腹まで届くガラスが取付けられ,短辺側の立面は大きな破風と左右の巨大な柱形の間のガラス面から構成されている。工場という近代建築に特有のジャンルにふさわしいガラス壁面の大きな造形だが,全体の構成は神殿を思わせる。近代建築誕生時の創意に満ちた作品。鉄骨造という新しい技術を用いながら、機能優先の工場建築を古典主義的な骨格を持った芸術的なデザインで構成した作品。

【 ヘキスト染色工場

ヘキスト染色工場は、ドイツフランクフルト=ヘーヒストにある建築物。1920年から1925年にかけて、建築家ペーター・ベーレンスによって建てられた、ドイツ表現主義を代表する建物である。かつてのドイツの総合化学企業ヘキストのシンボルマークはこの工場の外観をかたどっている。鍾乳洞のような事務塔の玄関ホール、微妙な色使いで積み分けられたレンガ、上部へ行くほど外へ迫出した独特の外壁など、全体としてゴシックの空間が見事に表現されている。

 コンセプト ~

このサイトは様々なサイトや学生団体をまとめるある種「建築学生の教科書的役割」を果たしています。サイトの情報は先輩から後輩へ引き継ぎ共有していくため日々更新を続け成長していきます。全国の全建築学生が共有できるよう友達にサイトを共有しよう。 リンク

 サイトマップ ~
 コメント ~

​このサイトは建築設計を取り組む全国の建築学生へ先人の設計知識を共有し建築設計のレベルを上げるために作成しました。設計が就職するためや賞歴をつくるために終わらず設計をもっと楽しく新たな可能性に挑戦してくれると願っております。(清水)

Zenkoku Kenkomi​ 2020 ParticipatoryArchiveMedia

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now