top of page

​本書の特徴

概念書、作品集、用語集、が一つになった​新たな専門書

​構成

Chapter 0
はじめに

​Yusuke Shimizuと本書

​KENKOMIと本書

本書の位置づけ

Chapter 1
​完璧な建築を目指して

Section 1
​建築界隈
の課題
建築家.設計者.学生.共通の課題とは

Section 2
現代建築の特徴

歴史や時間軸からのアプローチ

Section 3
他分野への横断

他分野へ広がる建築とその末路

Section 4
言語や国
の横断
グローバルな建築思想への挑戦

Section 5
​完璧な建築

​統合によるただ一つの概念

Chapter 2
大会概要

Section 1
大会コンセプト
建築家.設計者.学生.共通の課題とは

Section 2
エントリー・提出

歴史や時間軸からのアプローチ

Section 3
参加状況

他分野へ広がる建築とその末路

Section 4
審査方法

グローバルな建築思想への挑戦

Section 5
評価分析

​統合によるただ一つの概念

Chapter 3
作品集(収集)

ALL-League
​完成度の高い作品を評価し作品を掲載します。

Pro-League
提案内容が優れた受賞作品を掲載します

Pre-League
表現方法が優れた受賞作品を掲載します

Ori​-League
独自性の高い受賞作品を掲載します。

Rea-League
実現性の高い受賞作品を掲載します。

A-League
敷地に対する提案の中で優れた受賞作品を掲載します。

B-League
機能に対する提案の中で優れた受賞作品を掲載します。

C-League
設計手法が優れた受賞作品を掲載します。

D​-League
建築形態や空間が優れた受賞作品を掲載します。

E-League
​人間に対する提案が優れた受賞作品を掲載します。

Chapter 4
分析

Section 1
提案​言語抽出分析

流行りの提案パターンを分析し定義します。

Section 2
評言語抽出分析

Chapter 5
創造

Section 1
建築家との対談

流行りの提案パターンを分析し定義します。

Section 2
設計者との対談

歴史や時間軸からのアプローチ

Section 3
建築学生の対談
他分野へ広がる建築とその末路

Section 4
​Yusuke Shimizu
グローバルな建築思想への挑戦

建築学生 限定配布
一般購入ページ
建築学生 限定配布
一般購入ページ

Chapter 0
はじめに

Session.3
本書の位置づけ

完璧な建築デザインと聞いてそれを追求する人は少ないだろう。

​完璧など存在しない。だから世界は豊かで変化に富むのだと。

建築には必ず利用者と設計者がいる。豊かな建築デザインの創造と実現は利用する人々にとっても考えて作る人にとっても幸せにすることができます。

建築は多様な人々や生物、自然環境などを許容し個々の役割を果たしています。

そこで建築に求められることは豊かな空間体験や利便性だけではなく、必要によっては将来性の考慮や環境配慮が求められる。

逆に、それらの空間体験や利便性は必要としない場合や優先しない場合も建築に求められる時がある。

これらすべてを含めて私は建築デザインととらえており、私たちは広い視点を獲得し様々な要求や要素を使いこなしていく必要がある。

これらの建築に求められる要求は発注者の形態によって大きく異なる。

また、その形態は流動的に変化しており、国や都道府県の公共施設、市区町村の地域施設、大学や医療施設、研究所などの特殊な機関、民間企業の商業施設やオフィス、集合住宅、ホテルや劇場、個人の住宅など様々な発注者と用途が存在し時代が進むにつれ複雑化している。

Session.1
​Yusuke Shimizuと本書

本書の著者は Yusuke Shimizu である。

建築を学んだ当初から主観的な設計や評価に疑問があり、客観性を獲得するために世界中の価値観を許容し続けた。

​私は様々な建築活動の中で最もMETA的な視点を持ち、世界で唯一建築の客観性を提唱できる人物である。

​本書は世界中の建築家や設計者、建築学生など建築のデザインに従事するすべての人に対して客観的指針を示すものである。

世界的に人口増加してきた現在において建築デザインは様々な人間によって創造され情報社会の中で共有されてきた。

しかし、その発展により思考の断片が交錯する混沌とした現代の環境は主観的な建築デザインを生み出しずらい状況に陥っている。

そこで必要なのが客観的指標である。

本書ではWADL世界建築越渓研究所による過去の建築デザインの統計データを用いて、WASA世界建築学生賞の受賞作品を分析しながら現代の多様な建築作品と客観的指標を対峙させるこでMETA的な視点から完璧な建築像を明らかにする。

​また、主観と客観の対峙による完璧な建築設計プロセスを提示し次の建築デザインの時代を創造する。

Session.2
KENKOMIと本書

KENKOMIとは建築家や設計者、建築学生を繋げるコミュニケーションプラットフォームです

建築デザインに関して作品データや評価データを収集し分析し共有することで新たな建築運動を起こします。

プラットフォームによって収集されたデータを高精度に比較分析を行うことで建築の概論を解明し共有していきます。

​しかし、建築の多層的な概念をWEB上で再現するだけでは使いこなすことができず、書籍によって主要なロジックを構成し共有することが必要なのです。

本書では建築の構成を示し具体的な個々の広がりはQRコードによりWEBサイトと連携させ多様で複雑な建築設計の要素をT買いこなす。

Chapter 1
完璧な建築を目指して

建築デザインの最適解を目指して建築家や設計者、建築学生は努力をしている。個々の特殊解は世界を豊かにし我々の創造するエネルギーになっている。
”完璧な建築”​は定義することはできず、定義する必要はなかった。

しかし、情報化社会のなかで建築のアイディアが表層化断片化され共有された。そのことにより混沌とした状況が建築学の発展を阻害している。​そこで、多様なアイディアを収集し多角的な視点から整理し使いこなす必要がある。また、混沌とした状況を整理し多様なアイディアや価値観を使いこなすことで完璧な建築を目指すことができるようになる。

​建築デザインは次のフェーズに突入しようとしている。

Session.1
建築界隈の課題

​Session.1 ​建築界隈の課題

​ 建築デザインにかかわる建築界隈は建築士である建築家や設計者、大学等の教育機関に所属する建築を学ぶ建築学生の2つにわけることができる。個々の課題から共通する現代の課題を明らかにする。

「人口増加による建築家の増加」と「情報社会によるデータの共有」により建築学が混沌とした状況に陥っている。

【現代における建築家や設計者の課題】

日本の建築デザインにおける混沌

2020年代の現在と過去の大きな違いは建築家や設計者の数であり、建築家や設計者、建築学科の個々の界隈が拡大している。

世界の建築デザインにおける混沌

産業革命

【現代における建築学生の課題

Session.2
現代建築の特徴

​Session.1 ​建築界隈の課題

​ 建築デザインにかかわる建築界隈は建築士である建築家や設計者、大学等の教育機関に所属する建築を学ぶ建築学生の2つにわけることができる。個々の課題から共通する現代の課題を明らかにする。

「人口増加による建築家の増加」と「情報社会によるデータの共有」により建築学が混沌とした状況に陥っている。

【現代における建築家や設計者の課題】

日本の建築デザインにおける混沌

2020年代の現在と過去の大きな違いは建築家や設計者の数であり、建築家や設計者、建築学科の個々の界隈が拡大している。

世界の建築デザインにおける混沌

産業革命

【現代における建築学生の課題

Session.3
​他分への横断

​Session.1 ​建築界隈の課題

​ 建築デザインにかかわる建築界隈は建築士である建築家や設計者、大学等の教育機関に所属する建築を学ぶ建築学生の2つにわけることができる。個々の課題から共通する現代の課題を明らかにする。

「人口増加による建築家の増加」と「情報社会によるデータの共有」により建築学が混沌とした状況に陥っている。

【現代における建築家や設計者の課題】

日本の建築デザインにおける混沌

2020年代の現在と過去の大きな違いは建築家や設計者の数であり、建築家や設計者、建築学科の個々の界隈が拡大している。

世界の建築デザインにおける混沌

産業革命

【現代における建築学生の課題

Session.4
国や文化の横断

​Session.1 ​建築界隈の課題

​ 建築デザインにかかわる建築界隈は建築士である建築家や設計者、大学等の教育機関に所属する建築を学ぶ建築学生の2つにわけることができる。個々の課題から共通する現代の課題を明らかにする。

「人口増加による建築家の増加」と「情報社会によるデータの共有」により建築学が混沌とした状況に陥っている。

【現代における建築家や設計者の課題】

日本の建築デザインにおける混沌

2020年代の現在と過去の大きな違いは建築家や設計者の数であり、建築家や設計者、建築学科の個々の界隈が拡大している。

世界の建築デザインにおける混沌

産業革命

【現代における建築学生の課題

Session.5
​完璧な建築

​Session.1 ​建築界隈の課題

​ 建築デザインにかかわる建築界隈は建築士である建築家や設計者、大学等の教育機関に所属する建築を学ぶ建築学生の2つにわけることができる。個々の課題から共通する現代の課題を明らかにする。

「人口増加による建築家の増加」と「情報社会によるデータの共有」により建築学が混沌とした状況に陥っている。

【現代における建築家や設計者の課題】

日本の建築デザインにおける混沌

2020年代の現在と過去の大きな違いは建築家や設計者の数であり、建築家や設計者、建築学科の個々の界隈が拡大している。

世界の建築デザインにおける混沌

産業革命

【現代における建築学生の課題

Chapter 2
完璧な建築を目指して

建築デザインの最適解を目指して建築家や設計者、建築学生は努力をしている。個々の特殊解は世界を豊かにし我々の創造するエネルギーになっている。
”完璧な建築”​は定義することはできず、定義する必要はなかった。

しかし、情報化社会のなかで建築のアイディアが表層化断片化され共有された。そのことにより混沌とした状況が建築学の発展を阻害している。​そこで、多様なアイディアを収集し多角的な視点から整理し使いこなす必要がある。また、混沌とした状況を整理し多様なアイディアや価値観を使いこなすことで完璧な建築を目指すことができるようになる。

​建築デザインは次のフェーズに突入しようとしている。

​Session.1 ​建築界隈の課題

​ 建築デザインにかかわる建築界隈は建築士である建築家や設計者、大学等の教育機関に所属する建築を学ぶ建築学生の2つにわけることができる。個々の課題から共通する現代の課題を明らかにする。

「人口増加による建築家の増加」と「情報社会によるデータの共有」により建築学が混沌とした状況に陥っている。

【現代における建築家や設計者の課題】

日本の建築デザインにおける混沌

2020年代の現在と過去の大きな違いは建築家や設計者の数であり、建築家や設計者、建築学科の個々の界隈が拡大している。

世界の建築デザインにおける混沌

産業革命

【現代における建築学生の課題

お問い合わせ
ご質問やご相談は下記のメールアドレス、もしくはフォームにてお問い合わせください。
運営に関してのメール:zenkokukenkomi@gmail.com KENKOMI.Japan
代表に関するメール:yuusuke1002taku@gmail.com
 代表:清水 勇佑

bottom of page