地域的プロムナードリズム
観光と地域が表生するアフターコロナの葛西臨海公園
Regional promenade rhythm  After-Corona Kasai Rinkai Park, where tourism and the local community come to life

地域機を中心としたライフスタイルへ変化した中で葛西臨海公園は観光利用ではなく地域住民が集まる場と変化した。
ここには表の原っぱと誰も気づかない裏の自然豊かな空間が内在する。自然のリズムを建築に翻訳し存在を消すような自然と連続した地域施設を提案する。

With the shift to a lifestyle centered on local machines, Kasai Rinkai Park has become a place for local residents to gather rather than for tourism.
Here, there is a field in the front and a rich natural space in the back that no one notices. This project proposes a local facility in continuity with nature that translates the rhythm of nature into architecture and makes its existence disappear.

​地形と建築が呼応する
大きなリズム

​Index

Section01

敷地のリズム
​を収集分析
Rhythm of the site

葛西臨海公園の豊かな自然のコンテクストを尊重し、豊かさを5つの種類のリズムで定義する。その自然のリズムを建築の造形手法に転換し自然と建築が対話する風景をつくる。
Respecting the rich natural context of Kasai Rinkai Park, we define richness in terms of five types of rhythms. By translating the rhythms of nature into architectural formative techniques, we will create a landscape where nature and architecture are in dialogue.

Section02

素材のリズム
​によって呼応
Rhythm of Materials

経年変化によって個々の敷地の個性を体現する素材としてコールテン鋼を用いる。コールテン鋼にはボリュームや目地、変形によってさまざまなリズムがDesignでき敷地のリズムと対話しながら設計を行う。
Corten steel is used as a material that embodies the individuality of each site as it changes over time. Various rhythms can be designed into the Corten steel depending on the volume, joints, and deformation, and the design is done in dialogue with the rhythm of the site.

Section03

地域的プロムナードリズム
流れのある風景

Regional promenade rhythm
敷地のリズムと素材のリズムを織り成すことで個々の敷地を体現する建築と個性豊かな空間を生成する。
それぞれの空間に地域施設の機能を割り当て一つのランドスケープをデザインする。
By interweaving the rhythm of the site and the rhythm of the materials, we create architecture that embodies each site and spaces rich in individuality.
Each space is assigned the function of a local facility and designed as a single landscape.

​観光利用から地域利用へ変化する葛西臨海公園
Kasai Rinkai Park shifting from tourist use to local use

平日はリモートワークの普及によってノマドワーカーが流入し、
休日には地域住民が窮屈な住宅街での暮らしから息抜きにくる。
コロナのパンデミックを受け、東京都にある葛西臨海公園は観光地から地域利用へと変換し始めている。

On weekdays, the spread of remote work has brought an influx of nomadic workers.
On weekends and holidays, local residents come to take a break from their cramped lives in residential areas.
In the wake of the Corona pandemic, Tokyo's Kasai Rinkai Park is beginning to transform from a tourist attraction to a community use.

​表
​観光客でにぎわう広場

 

​裏
​忘れ去られ自然が豊かな空間

 

Context
葛西臨海公園の表裏

Kasai Rinkai Park shifting from tourist use to local use

平日はリモートワークの普及によってノマドワーカーが流入し、休日には地域住民が窮屈な住宅街での暮らしから息抜きにくる。コロナのパンデミックを受け、東京都にある葛西臨海公園は観光地から地域利用へと変換し始めている。

On weekdays, the spread of remote work has brought an influx of nomadic workers.
On weekends and holidays, local residents come to take a break from their cramped lives in residential areas.
In the wake of the Corona pandemic, Tokyo's Kasai Rinkai Park is beginning to transform from a tourist attraction to a community use.

プレゼンPP1.jpg

Diagram1
地形や自然豊かな葛西臨海公園Kasai Rinkai Park is rich in topography and nature.

Proposal
気配を消す地域拠点Regional bases to eliminate signs of

平日はリモートワークの普及によってノマドワーカーが流入し、休日には地域住民が窮屈な住宅街での暮らしから息抜きにくる。コロナのパンデミックを受け、東京都にある葛西臨海公園は観光地から地域利用へと変換し始めている。

On weekdays, the spread of remote work has brought an influx of nomadic workers.
On weekends and holidays, local residents come to take a break from their cramped lives in residential areas.
In the wake of the Corona pandemic, Tokyo's Kasai Rinkai Park is beginning to transform from a tourist attraction to a community use.

敷地のリズム
Rhythm of the site

1 .分析サンプルの作成
1 . Preparation of analysis samples

2 .敷地のリズムを定義
2 . Define the rhythm of the site

​3 .造形操作に転換する
3 . Turning to modeling operations

Design1-レジュメ-1031-清水勇佑 最終完成スライド_ページ_06.jpg

素材のリズム
Rhythm of the site

1 .経年劣化によるリズム
1 . Rhythms due to aging

2 .モジュールのリズム
2 . Module rhythm

​3 .加工によるリズム
3 . Rhythm through processing

​4 .目地によるリズム
4 . Rhythm by Joints

Design1-レジュメ-1031-清水勇佑 最終完成スライド_ページ_09.jpg

​03-A
地域的プロムナード

Design1-レジュメ-1031-清水勇佑 最終完成 assyuku-12.jpg
Design1-レジュメ-1031-清水勇佑 最終完成スライド_ページ_17.jpg

​03-B
地域的プロムナード

Design1-レジュメ-1031-清水勇佑 最終完成 assyuku-13.jpg
Design1-レジュメ-1031-清水勇佑 最終完成スライド_ページ_17.jpg

​03-C
地域的プロムナード

Design1-レジュメ-1031-清水勇佑 最終完成 assyuku-15.jpg
Design1-レジュメ-1031-清水勇佑 最終完成スライド_ページ_19.jpg

​03-D
地域的プロムナード

Design1-レジュメ-1031-清水勇佑 最終完成 assyuku-17.jpg
Design1-レジュメ-1031-清水勇佑 最終完成スライド_ページ_21.jpg

​03-E
地域的プロムナード

Design1-レジュメ-1031-清水勇佑 最終完成 assyuku-19.jpg
Design1-レジュメ-1031-清水勇佑 最終完成スライド_ページ_19.jpg

​03-F
地域的プロムナード

Design1-レジュメ-1031-清水勇佑 最終完成 assyuku-21.jpg
Design1-レジュメ-1031-清水勇佑 最終完成スライド_ページ_25.jpg

​03-G
地域的プロムナード

Design1-レジュメ-1031-清水勇佑 最終完成 assyuku-23.jpg
Design1-レジュメ-1031-清水勇佑 最終完成スライド_ページ_27.jpg

​03-H
地域的プロムナード

Design1-レジュメ-1031-清水勇佑 最終完成 assyuku-25.jpg
Design1-レジュメ-1031-清水勇佑 最終完成スライド_ページ_29.jpg

Background❶
​特設ステージ&Presentation

審査会において9m× 3m の巨大模型を展示
​重量は
500kgのコンクリートで敷地が作られそこに埋め込まれた建築躯体は建築と自然を一体とし、​大きな流れのある風景をフィジカルで感じる表現を行った。