​堤防を解く建築
​干潟による地域コミュニティの再興

Architecture to unlock the dike
Revitalizing Local Communities with Tidal Flats

​​厚くて高い堤防は水辺への親水性や景観を失うだけではなく、魚や鳥、植物の居場所を追いやってしまった。またそれらを介した人間のコミュニティも希薄になったいま、​水害から守りながらそれらを取り戻す建築を提案する

 

コンクリートによって固められた水辺
Site: waterfront hardened by concrete

SITE::東京都 江戸川区 妙見島の周辺住宅街

●地域の課題1:妙見島は江戸川区のなかで4つの川が交わる地点で河川の結節点に位置する中州で、水門や高い堤防により水辺どころか要塞のような閉鎖性が地域を圧迫している。
●地域の課題2:巨大な堤防により東京都(葛西)と千葉県(浦安)の県境には橋が少なく災害時の帰宅困難に大きく影響を及ぼした。

 

失われた​親水空間のある暮らし
Context: Living with a lost hydrophilic space

江戸川区はかつて干潟空間が広がり地域の暮らしやコミュニティになくてはならないものであった。しかし現在では、水害を防止するため厚くて固いコンクリートの堤防によって水辺と地域が分断した。
​防災をしつつかつての親水性を地域の暮らしに取り戻せないか。

 

近接する意外な2面性

リサーチによりコンクリートに対する意外な2面性が近接していることが分かった。妙見島周辺はコンクリートで固められた堤防がある一方、妙見島にはアスコン工場がありコンクリートを破壊し再生する。​この相反するコンテクストを地域の親水性に転換できないかを考えた。

2021-11-21 (1).jpg

​コンクリートを破壊するアスコン工場

スクリーンショット (201).jpg

 ​妙見島を固める 
コンクリートの堤防

 

提案概要
 Proposal Summary

01. 昔(過去)
護岸ができる前の徐々に流れる島(土砂が堆積してできた中州) 

02. 今(現在)
護岸によって妙見島と河川沿いが覆われ水辺が分断した

03. 提案フェイズ1
川の両端に港(堤防)を建設し、干潟空間と変化させる

​04. 提案フェイズ2
アスコン工場が堤防を破壊し、漁礁とすることで水辺を地域と連続させる

 

全体計画
Update plan and proposal outline

A - 提案部分と用途の更新

B - 都営バス(路線・停留所)

​C - 水上バス(港・航路)

​D - 遊歩道(歩行・自転車)

E - トラック(橋・道)

​F - 道路・駐車場

​堤防を解く回転水門
​Harbor-01

sss_ページ_1.jpg
 

PROGRAM

1番パドック-(屋形船)​金屋
  1F-屋形船レストラン 2F-ライブラリ
2番パドック-(屋形船)​飯森亭船
​  1F-屋形船レストラン 2F-ライブラリ
3番パドック-(屋形船)​東京あみたけ
​  1F-屋形船レストラン 2F-ライブラリ
4番パドック-(屋形船)​菅原屋
​  1F-屋形船レストラン 2F-シェアキッチン
5番パドック-(屋形船)​武蔵丸
​  1F-屋形船レストラン 2F-リモート
6番パドック-(屋形船)​あみ幸
​  1F-屋形船レストラン 2F-リモート
7番パドック-(屋形船)​清水丸
​  1F-屋形船レストラン 2F-リモート
8番パドック-(屋形船)まみ弁→浦安-葛西線
​  1F-屋形船レストラン 2F-リモート
9番パドック-(屋形船)とら屋丸→浦安-葛西線
​  1F-屋形船レストラン 2F-リモート

 

土木と建築を横断する水門
A sluice gate that crosses civil engineering and architecture

■日常時は水門が開き遊歩道の歩行空間となる
※ ​S造回転水面の天板は一部アクリルガラスにし上から屋形船に賑わいを感じる
■非常時は水門が回転し閉じ遊歩道の柵が上がる

 
 

​堤防を解く船揚げ場
​Harbor-02