​全国ケンコミ建築設計研究所
​都市計画Ⅰ

​近代建築計画一覧

​~ 第1 近代都市計画 ~
​第1章

◆◆

イタリア人建築家ヴェネト地方の古い建物の改修を中心に活動した建築家。 その場のコンテクストを現代的に展開する方法は、彼の深い洞察に基づいたもの。ライトやカーンと交流をもち、日本にもフォロワーが多い。イタリアの建築家。ヴェニスに生まれ、ヴェネト地方の豊かな文化の中で古い建物の改修を中心に活動。コンクリートやスタッコ、金属などの材料を使いながら、一貫して環境やそれを構成する物質に対する繊細でシャープな感覚によって、タイムレスな新しさを持つデザインを行った。その場のコンテクストを現代的に展開させる方法は深い洞察に基づいており、ライトやカーンといった人々とも交流を持ち、日本にもフォロワーが多い。

■ブリオン家墓地 Tomba Brion

グイド・グディの目を通したカルロ・スカルパ
フェルナンダスナイダーバウアー
スカルピア建築の傑作ブリオンマウンド。建築写真家グイドグイディによる118枚のショット。
写真の巨匠、大学時代の瞳を通して見た建築の巨匠とレンズ。これは「時間とともに-カルロスカルパの周り」、ミラノのビアサテルナギャラリーで見られる118ショットの建築家カルロの最も重要な作品の1つに対するエミリア人写真家の素晴らしい執着をたどるグイドグイディの個人展示です。ファントムグループがキュレーションを行った展覧会では、1996年から2006年の間に、1941年にチェゼーナで生まれた建築写真家であるギディによって行われた明快で厳格な作品を紹介しています。ギディは10年間ブリオンの墓に行き、季節や時間を問わず写真を撮っていました日中、気象条件の変化に伴う建物の残忍な壁に投影される光、色、影の変化を把握する。時の流れだけでなく、現代運動にも敬意を表して、グイディはフランスのサンディエデヴォージュにあるルコルビュジエのウシーヌデュバルで撮影された別の一連のショットでも敬意を表しています。この展覧会は11月27日まで開催され、ヴェネツィアの偉大な建築家を20世紀の建築の巨匠の1人にしたスカルピアンの詩と制作の要素のいくつかを再発見する興味深い機会となっています。作品の価値はその表現にあります。物事がうまく表現されると、その価値は非常に高くなります»。見えない境界
感じる境界存在しないものから、存在を感じる洗練された”無数の線の建築”この建築に境界などはあってないようなもので、すべては深く結びついている。ひとつの線は無数の線へと変換され、目には見えない境界を生み出している。
鏡面となり浮かび上がる虚ろな世界。

  詳細  

■カステルヴェッキオ美術館

撤退中にドイツ軍によって爆撃された後、戦後完全に再建された橋から到着し、要塞の中庭にアクセスします。パスは本能的です。突然、視線が移動し、ある主題から別の主題に移り、それがカングランデデッラスカラの彫刻と、外部に露出している他の芸術作品に向けられます。私たちは可能な限りの方法をとります。長さは30メートルで、このスペースでは、沈黙を保ちながら周りを見回しています。入り口に着くまでの間に、何かが高くなっているように感じられます。この感覚は、私たちが進んでいる間に低下する植生によるものです。
カステルヴェッキオ美術館の内部
私たちは1958年から1974年の間にカルロスカルパによって修復された建物に入ります。部屋は他の美術館と同じように配置されています。しかし、窓、ランプ、アートワークのスタンドはすべて、カルロスカルパの天才によって考案されました。床が邪魔にならないように、床が壁に直接つながっていることはありません。壁が動き回ったり、想像力で壁を安定させられない場合に備えて、スペースが残されています。
アーチは部屋から部屋へとフィルターのように機能します。メインビームが屋根を2つの部分に分割し、たどる経路を示しているようです。
展覧会全体が滞りなく進行し、見事に注意深く設計された一連のスペースで、言葉を失い、周囲の壁の頂上まで案内してくれます。

   詳細  

◆◆Brochet Lajus Pueyo

■オランジュリー美術館

フランスパリにある印象派ポスト印象派美術館である。『積み藁』『ルーアン大聖堂』『ポプラ』そして『睡蓮』──。『印象─日の出』に始まるモネの芸術は、まさに「光」の探求そのものでした。失明の危機にあった最晩年のモネは、自らの芸術の命ともいえる「光」を失う恐怖と闘いながら、水面にきらめく光と睡蓮の花が織り成す微妙なニュアンスを繰り返し描きました。だからこそ、完成した大連作『睡蓮』を飾る美術館には、明るい「光」が必要だったのです。
 しかし、開館当初のオランジュリーの「光」は、1960年代に行われた改装によって失われてしまいます。展示スペースを拡張するために2階建てに改築され、「睡蓮の間」から自然光が奪われてしまったのです。さらに、ホワイエが壊されて新しい展示スペースへと続く大階段が玄関に設けられたために、「睡蓮の間」へのアクセスが遮断され、美術館全体が回りにくいものとなってしまいました。
 2000年に始まった改装では、美術館からこの60年代の改築の痕跡を消し、モネの構想どおりの「睡蓮の間」が再建されることになりました。まずは、「睡蓮の間」への外光を遮断していた2階部分をすべて取り除く。さらには、玄関の大階段を取り除き、ホワイエを復活させて各展示室へのアクセスを容易にしました。こうして、「睡蓮の間」はガラス張りの天井から自然光が注ぐなかで大連作『睡蓮』の世界を堪能するという、モネが構想したとおりの空間の魅力を取り戻すことに成功しました。

  詳細  

◆◆ガエ・アウレンティ

オルセー美術館

フランスパリにある19世紀美術専門の美術館である。印象派の画家の作品が数多く収蔵されていることで有名。

オルセー美術館の建物はもともと1900年パリ万国博覧会開催に合わせて、オルレアン鉄道によって建設されたオルセー駅の鉄道駅舎兼ホテルであった。設計者はヴィクトール・ラルー1850年 - 1937年)である。もともとオルセー駅はオルレアンやフランス南西部へ向かう長距離列車のターミナルであり、かまぼこ状の大屋根(トレイン・シェッド)の下の地下に10線以上のホームを備えていた。狭くて不便だったことから、1939年に近距離列車専用駅となり、駅施設を大幅に縮小した。その後、この建物はさまざまな用途に用いられ、一時は取り壊しの話もあったが、1970年代からフランス政府によって保存活用策が検討されはじめ、イタリアの女性建築家ガエ・アウレンティの改修により19世紀美術を展示する美術館として生まれ変わることとなった。こうして1986年、オルセー美術館が開館した。美術館の中央ホールは、地下ホームのトレイン・シェッドによる吹き抜け構造をそのまま活用している。建物内部には鉄道駅であった面影が随所に残る。現在ではパリの観光名所としてすっかり定着した感がある。なお、旧印象派美術館(ジュ・ド・ポーム)の収蔵品はすべてオルセーに引き継がれている。

館の方針としては、原則として2月革命のあった1848年から、第一次世界大戦が勃発した1914年までの作品を展示することになっており、それ以前の作品はルーヴル美術館、以降の作品はポンピドゥー・センターという役割分担がなされている(むろん、多少の例外はある)。絵画彫刻だけでなく、写真、グラフィック・アート、家具工芸品など19世紀の幅広い視覚芸術作品も収集・展示の対象になっている。

  詳細  

◆◆Giorgio Raineri

■トリノ公文書館 Archivio di Stato di Torino

個別のスペースに広がります。 音響的に切断されていますが、各チャンネルは全体の構成の声として機能し、完全に聞くことはできません。 無限で高密度で渦巻くハーモニックドローンを使用したサウンドは、各ホールを一種の共鳴する静寂で満たし、視覚的印象のパラメーターに挑戦する空間体験を引き起こします。 正弦波オシレーター、準備されたハープ、チューニングされたボトル、フルートなど、さまざまな音源が作品の作成プロセスで使用されます。

  詳細  

◆◆ヘルツォーク&ド・ムーロン

■テート・モダン

1952発電所→2000美術館に改修 イギリス ロンドン。

テート・モダンは以前「バンクサイド発電所」だった建物を改造している。もともとの発電所は、イギリスの赤い電話ボックスバターシー発電所の設計で有名なサー・ジャイルズ・ギルバート・スコット英語版)の設計によるもので、99mの高さの煙突をもち、1947年1963年の二度に分けての工事で完成したものである。テムズ川をはさんで向かいは金融街シティ・オブ・ロンドンで、セント・ポール大聖堂が聳え立つなど立派な街並みであるが、南側のサウス・バンクは長年ロンドンの裏方的な存在の工場・倉庫街であり、この発電所も戦災復興の際にロンドンの電力不足を解消するために急遽建てられたものだった。発電所は1981年に閉鎖され、変電所の機能だけが残るほかは役目を終えたぬけがらとなっていた。建物を保存せよという市民の声はあったが、歴史的建築物リストへの掲載は拒否され、1993年の段階では機械搬出のために建物の一部取り壊しが始まるなど保存の見通しは絶望的な状態であった。

一方、テムズ川上流のミルバンク地区にあるテート・ギャラリー(現テート・ブリテン)はイギリス美術および世界の近代・現代美術の美術館として運用されていたが、展示・収蔵スペースの不足に悩まされたため、1980年代にスペース拡充と役割分担のため近現代美術館の機能を新しい建物に移す計画が立てられた。十分に大きい展示面積をもつ建物の新築費用をどう調達するかと、それだけの建物を建てられる土地がロンドンの交通至便な場所に残っているか否かが最大の問題であったが、理事会はシティの対岸の荒廃した地区にある発電所建物に目を付け、1994年春、これを改造して再利用することが発表された。同年夏に安藤忠雄などが参加した建築設計競技の結果、1995年1月にスイスの新鋭建築家コンビ、ヘルツォーク&ド・ムーロンの案が勝利したことが発表された。

  詳細  

■Tate Modern Switch House

 2000年にオープンして以来、市内で最も重要な文化的アトラクションの1つとなっているギャラリーです。スイッチハウスと呼ばれ、格子状のレンガ造りの外観と折りたたみ面の外観が特徴です。その内部には、地上と地下のギャラリーのほか、 市街のパノラマの景色を望む新しい屋上テラス。スイスのスタジオHerzog&de Meuronは、元バンクサイド発電所の最初の改造を担当して、増築を設計するために招待されました。建築家のアプローチは、2番目のセットを作成することでした。 タービンホールの反対側にあるギャラリー-テートモダンの入り口を形成する広大な公共スペース。

  詳細  

◆◆Francis Soler, Frederic Druot

■フランス文化省 MINISTÈRE DE LA CULTURE

百貨店倉庫1919→官庁舎1933、官庁舎1960→官庁舎2004

ジュリオ・ロマーノが設計した、「パラッツオ・デル・テ(マントヴァ)」からアイディアを得た6種類のモチーフが金属ネットにデザインされている。

  詳細  

◆◆レム・コールハース

■プラダ財団

もとは1910年代に建てられた蒸留所だった。既存の建物に3つの新しい建造物を組み合わせて会場を構成している。

フォンダツィオーネプラダ
フォンダツィオーネプラダの新しい家は、ミラノの南端にあるラルゴイサルコインダストリアルコンプレックスの1910年に建てられたかつてのジン蒸留所にあり、倉庫、研究所、醸造サイロなどの新しい建物と再生された建物、および周囲の新しい建物が共存しています。広い中庭。
この複合施設は、アートを展示できる空間タイポロジーのレパートリーを拡大することを目的としています。このプロジェクトは、7つの既存の建物と3つの新しい建物で構成されています。マルチメディア講堂である映画館。また、財団のコレクションと活動を展示する9階建ての常設展示スペースであるトーレ。
ラルゴイサルココンプレックスの周囲には、2つの独立した構造がありました。1つは平らで正方形で、もう1つは垂直です。入念に検査すると、正方形の建物は魅力的な可能性を提供せず、解体され、中庭を屋外での使用の重要な要素にすることができました。複合施設の西端にある既存の建物であるDepositoは、学芸的な工夫に適応しています。地下室では、Fondazioneのコレクションが厳格な保管と部分的な展示のハイブリッドに配置され、「部屋」などの作業を行う「部屋」を作成しています。アーティストの車は開梱するか、半分公開することができます。
大ホールの東にある自立型のオブジェ、チステルナと呼ばれる3つの部屋に分かれており、3つの内部「説教壇」が外部のバルコニーにつながっています。その構成は、今や疑似宗教的な環境として読み取られる正確な産業的ニーズを示唆しています。シネマは、コンパウンド内の自律セルとして機能します。大きな二つ折りドアで、中庭にすぐに接続できます。内部では、レーキシートをフラットフロアに変換できるため、屋外イベントのステージングや、覆われた追加のギャラリースペースとして使用できます。
北に中庭に面し、南に捨てられた庭に面する4つの「家」は、フォンダツィオーネのオフィスと常設のギャラリーに対応しています。彼らの範囲内には、外壁がすべて金箔で覆われている既存の建物「お化け屋敷」があります。内部では、そのインテリアの親密なスケールが、特定の作品の「国内」の設定を生み出しています。隣接して、Podiumは、サイトの2つの垂直軸の交点に位置し、化合物の中心を形成します。この追加により、非常に異なる品質の2つのボリュームが結合されます。1階は完全にガラス張りで柱のない表彰台です。上にあるのは、発泡アルミニウムで覆われた別のギャラリースペースです。どちらのギャラリーも、一時的な展示会やイベントのための広い多目的エリアを提供しています。
複合施設の北西の角に位置するタワーは、サイト固有の設備、レストラン、受付スペース、ゲスト施設を備えています。徐々に高さが増す他のフロアは、サイト固有の設備に対応し、敷地と街の交互の景色を提供します。
レム・コールハースのレパートリー:
アートシステムの膨大な拡大が、アートの展示のための類型化の数の減少で起こったことは驚くべきことです。誰もが満足するように、放棄された産業空間は芸術のデフォルトの好みになりました-予測可能な条件は芸術家の意図に挑戦しないので魅力的です-例外的な建築ジェスチャーで時折活気づけられました。新しいフォンダツィオーネプラダも、以前の工業団地に投影されていますが、空間環境の異常な多様性があります。このレパートリーには、3つの新しい建物(大規模な展示パビリオン、タワー、映画館)が追加されています。これにより、新しいフォンダツィオーネプラダは、芸術品の保有に加えて、建築空間の真のコレクションを表しています。フォンダツィオーネは保存ではありませんプロジェクトではなく、新しいアーキテクチャ。通常はここで別々に保たれている2つの条件は、永続的な相互作用の状態で互いに向き合います。単一の画像に固まらない、または任意の部分が他の部分を支配できるようにするフラグメントの集合を提供します。新しい、古い、水平、垂直、広い、狭い、白、黒、開いた、囲まれた–これらすべてのコントラストは、新しいフォンダジオネを定義する反対の範囲を確立します。非常に多くの空間変数を導入することで、アーキテクチャの複雑さが不安定でオープンなプログラミングを促進し、アートとアーキテクチャが互いの課題から利益を得るようになります。

  詳細  

 コンセプト ~

このサイトは様々なサイトや学生団体をまとめるある種「建築学生の教科書的役割」を果たしています。サイトの情報は先輩から後輩へ引き継ぎ共有していくため日々更新を続け成長していきます。全国の全建築学生が共有できるよう友達にサイトを共有しよう。 リンク

 サイトマップ ~
 コメント ~

​このサイトは建築設計を取り組む全国の建築学生へ先人の設計知識を共有し建築設計のレベルを上げるために作成しました。設計が就職するためや賞歴をつくるために終わらず設計をもっと楽しく新たな可能性に挑戦してくれると願っております。(清水)

Zenkoku Kenkomi​ 2020 ParticipatoryArchiveMedia

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now