フーゴー・へーリング Antoni Gaudí i Cornet

フーゴー・へーリング1882-1958ドイツの建築家。フーゴー ・へリングはドイツ表現主義の建築家であり、CIAMの創立メンバーでもあった。有機的建築を主唱したことで知られるフーコー・ヘーリングの著書はシャロウンに大きな影響を与えた。

ガルカウの農場計画を行なっていた時期、ヘリングは建築についての発想を根本的に更新しようとしていており、その考えを実現する最初の機会だった。もともとは農場主の住居も含めた農場全体を計画していたが、実際に建設されたのは納屋、牛小屋、道具小屋だけとなった。

納屋のラメラ構造の屋根で、これはヘーリングいわく「目的を達成するための機能的な形態」であるという。この構造じたいは18世紀頃からあったものだが、1920代初期にリヴァイヴァルされた。短い角材を釘打ちでつなぎ合わせて曲面をつくると、推力の作用線に沿って、自然にゴシックアーチのような形状になる。トラス構造を避けることで最大容積を確保でき、空間全体を冬季用の干し草の貯蔵に使える。牛小屋は楕円形のかたちをしている。構造は納屋と同じく、生地のままのコンクリートの骨組みと、その間を充填するレンガ、白木が風化して銀灰色になった木造羽目板によって、コントラストが強調されている。こういった特徴は、北ドイツのッ伝統的地方建築に見られる技巧をみせる表現である。

・機能と表現について

・部分の分節化

・空間の秩序づけ

・ヘーリングが目指したもの

 コンセプト ~

このサイトは様々なサイトや学生団体をまとめるある種「建築学生の教科書的役割」を果たしています。サイトの情報は先輩から後輩へ引き継ぎ共有していくため日々更新を続け成長していきます。全国の全建築学生が共有できるよう友達にサイトを共有しよう。 リンク

 サイトマップ ~
 コメント ~

​このサイトは建築設計を取り組む全国の建築学生へ先人の設計知識を共有し建築設計のレベルを上げるために作成しました。設計が就職するためや賞歴をつくるために終わらず設計をもっと楽しく新たな可能性に挑戦してくれると願っております。(清水)

Zenkoku Kenkomi​ 2020 ParticipatoryArchiveMedia

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now