ザハ・ハディッド   زها حديد‎

現代建築における脱構築主義を代表する建築家の一人で、コンテストに優勝しても、デザインが奇抜すぎて建築されなかったことも多いことから、「アンビルト(建たず)の女王」の異名を持っていた。近年では、建築技術進歩により建築可能物件が増えてきている。3次元CADを用いコンピューテーショナルデザインパラメトリックモデリングの手法を駆使し、従来にない曲線的なデザインを実現してきた

【 ザハ・ハディド 】

focusアスリート 建築家 ザハ・ハディド(Zaha Hadid)

【 ザハ・ハディド 】

HD 字幕 ザハ・ハディド Zaha Hadid Full Q&A Oxford Union

【カーディフベイ・オペラハウス1995】

カーディフベイオペラハウスは、カーディフ湾再開発プロジェクトの重要な部分として1990年代に考案されたカーディフ湾、カーディフウェールズの舞台芸術のための提案されたセンターでした。 この計画の目的の一つは、当時カーディフの新劇場に拠点を置いていたウェールズ国立オペラ会社の新しい家を作することでした。ウェールズミレニアムセンターはその場所に建てられ、2004年にオープンしました。カーディフ・ベイ・デベロップメント・コーポレーションの支援を受けたこの計画は、ウェールズ国立オペラ恒久的な家をカーディフ湾のインナーハーバー近くの敷地に建設することであった。国際的なデザインコンペティションが開催され、最終的にはイラク生まれの建築家ザハ・ハディッドによって獲得されました。ハディッドのデザインは、メディアの一部によってクリスタルネックレスと呼ばれています。しかし、このプロジェクトは、英国国家宝くじから資金を配分した団体であるミレニアム委員会から資金援助を得ることができなかった。.

カーディフベイ・オペラハウス

【広州大劇院広州オペラハウス2010】

広州大劇院は中華人民共和国広州市天河区江西路1号に位置する劇場。建築はザハ・ハディドに設計された。当初は「広州歌劇院」の仮称であったが、2010年4月に「広州大劇院」に改称された。パール川の小石をモチーフにしたファサードが特徴の建物で、オペラハウス内部は美しい星空のようなキラキラとした照明が設置されています。

1,800席のオペラハウスと400席の多目的ホール。加えて両者をつなぐ広いプラットフォームからなっている。延床面積70,000mi、高さ43mの巨体は、ザハ特有のデコンストラヴィスティックなふたつの建築フォルムを形成している。建物の外観形態は、近隣を流れるパール川にあるふたつの小石を参照したものだ。流れに浸食された石をシンボライズした形は、空間的に自由な角度に折り曲げられ傾斜した多面体を構成。強いヴィジュアルインパクトを観客に与えている。実際にはオペラハウスが傾斜した3角形もしくは4角形の64面で覆われているのに対し、多目的ホールは37面で覆われている。異なるサーフェスが相交わる接続面はシリンダー状に面取りされ、複数の接続面が集まる角部分はハイパーボリック(双曲面的)な面取りと、厄介な処理が施されている建物は屋根とカーテンウォールをインテグレートさせた建築システムで、2重のストーン・パネルガラスによるクラッディングを採用。ガラスゾーンが自由な形態で、建物にまとわりついた構成で、これが建物により込み入った表情を与えている。屋根やファサード上には種々の凸凹面が生まれており最大のものは18mもの落差を生じている。そのため外壁は突出・陥没を繰り返し、これによりジオメトリックな固さを軽減している。オペラハウスの平面的長さは136m、幅は129mに対し、多目的ホールのそれは88mと62mとなっている。

【エヴリン・グレース・アカデミー2010】

ハディド氏とアラップの協働で最近竣工したのが、英国・ロンドンの「エヴリン・グレース・アカデミー」である。設計のコンセプトは「複数の小さな学校から成る、一つの学校」というテーマで、建築的にも、個々の小さな学校の存在がわかるような分節的な建物構成としたい、ということだった。これは構造的にも挑戦で、平面を上下階でずらした部分にはキャンチレバーが必要となり、それに伴いファサードの納まりも複雑になった。彼女の代名詞とも言える曲線こそ少ないが、壁は斜行している。そのスラスト(柱の脚元が広がろうとする力)処理が床スラブ内で納まるよう設計した。このプロジェクトでは、予算の制約などにより、設計者間で最初にルールを決め、斜行する壁は、外観に影響を与える部分のみとし、シア・ウォール(耐震壁)は垂直となるよう配置することにした。「建築の歴史=人の歴史」、と言えるくらい、建築は人に密接したもので、それが故に古い体質の残る産業でもある。が、彼女のような形への探求心が新しい職能を必要とし、形の持つ力が感動を与えることもある。

【シェイク・ザイード橋2010】

橋梁としては、メインスパン以外は支点間隔が短く、吊られている1径間以外は50m程度の連続桁橋。支持地盤が良いとは思えない場所なので、主径間のアーチの水平力をとるための構造が必要で、左岸のアーチリブの跳ね上がりは側径間の桁の重量で水平力をとるバランスアーチとして働いている。アーチ支間が短くなるごとに大きなコンクリートブロックで水平力を取っている。潔く豪快な彫刻。

アクアティクス・センター2011】

アクアティクス・センター は、ロンドンストラトフォード・シティオリンピック・パーク内に建設された屋内水泳施設。50メートルの競泳用プールおよび25メートルの飛込用プールを備え、2012年のロンドンオリンピックおよびロンドンパラリンピックで使用された。アクアティクス・センターはプリツカー賞を受賞した実績をもつ設計者のザハ・ハディッドによって、ロンドンが五輪招致に成功する前の2004年に設計された。ロンドン東部のストラトフォードにあるオリンピック・パーク内に位置し、ウォーターワークス川を挟んでオリンピック・スタジアムの向かい側、ウォーター・ポロ・アリーナに隣接する形で建設された。曲線を描く屋根に特徴があり、オリンピック・パークに来場する訪問客が園内に入って最初に目にする施設となる。

【 アクアティクス・センター 】

Zaha Hadid Architects: RIBA Stirling Prize shortlist Aquatic Centre

【リバーサイド博物館2011】

イギリスのグラスゴーにあるザハ・ハディッドが設計した博物館「リバーサイドミュージアム」ギザギザの屋根がインパクト抜群の建物で、波をイメージしたデザインが特徴となっています。建物の両側がガラス張りの開口部となっており、街側から海側を曲折しながら繋いでいます。この超近代的な文化的な建物は、グラスゴーのスコットランドの都市で最も新しいの一つであります。しっかりザハハディッドアーキテクツが設計しました、博物館は、自動車の祖先を含むさまざまな展示会のために責任があります、交通工学、造船と強くグラスゴーの産業史にリンクされている他の建設、スコットランドの都市のイメージである建築作品の真のリーダー、デザインと技術の最前線

【ヘイダル・アリエフ・センター2011】

ヘイダル・アリエフ・センターは、アゼルバイジャンの首都、バクーにある複合施設である。

総面積57519平方メートルの広大なカルチャーセンターで、館内にはアゼルバイジャンの歴史や文化、ヘイダル・アリエフ前大統領の個人史を紹介するミュージアムのほかに、企画展が行われる美術館やコンサートホールなど、さまざまな文化施設が設けられている。さまざまな表情を見せてくれる複雑な曲線づかいが生み出す造形美を持ち、正面のガラスにバクーのビル群が映りこんでいる光景も幻想的である。さまざまな機能の風景や包装の自然地形の折り畳みによって出てくる流体の形態であります。この建築の屋根伏せ図がヘイダル・アリエフ前大統領のサインの形になっている。センターのすべての機能、そして、エントリ、単一の連続面に折り目で表され、この流体の形態では、同時にしながら、異なる文化的なスペースをリンクする機会を与えてくれます、独自のアイデンティティとブライバシーを中央のすべての要素を提供、それは内部のひだのよう、センターの内部景観の一部となるために皮膚を侵食します。、国の文化的なプログラムのための主要な建物になるように設計、設計は、継続的な関係を確立します、流体、その環境の間都市広場、そして、建物の中場所、バクーの都市構造の一部として、すべてにアクセス可能、公共の室内空間を包み込むようにしてもリフト、現代と伝統的アゼルバイジャン文化の集団お祝いに専念スペースの配置を定義します。

【 ヘイダル・アリエフ・センター 】

【アゼルバイジャンの可能性】Vol.2 ヘイダルアリエフセンター

【 ヘイダル・アリエフ・センター 】

【なぜこの形】アゼルバイジャンのヘイダルアリエフセンターはなぜこの形になったのか?

【 ヘイダル・アリエフ・センター 】

【辛坊解説】バクー ザハ・ハディドの建築(後編)~辛坊の旅~

【銀河SOHO2012】

中国の首都北京にある大規模な商業ビル「北京・銀河SOHO」は、直線の部分が無い、曲線だけで作られているように見える建物です。建築物は普通、無機質な外見をしていますが、「北京・銀河SOHO」は生物的な形をしています。
4つの丸いお団子のような建物を、緩やかなカーブを描いた通路が繋いでいます。
コンクリートの壁をアルミパネルが覆っているので、全体では白く見えます。
窓の部分が暗く見える時もあり、壁の白と相まって渦巻きの様に見えることもあります。
総合的なテナントビルで、商業スペースやオフィスが入り、最上階はレストランとカフェなどになっています。商業スペースには広い吹き抜けの空間があり、高いガラス天井が全天候型の広場を形成しています。垂直方向水平方向にもあらゆる曲線が使われて、柔らかいイメージが建物全体を包み込んでいます。

【 銀河SOHO 】

Galaxy SOHO in Beijing 外観

【 銀河SOHO 】

The Growth of Galaxy SOHO 建築施工

【ウィーン経済大学ラーニングセンター2013】

ウイーン経済大学(WU)のラーニングセンター。壁が傾いているだけでなく、さらに建物頂部に大空間の重しまで乗って不安定感に拍車をかけています。内部が凄いです。スター・トレックで描かれたようなSF空間もすでに現実になりました。

【香港工科大学ジョッキー・クラブ・イノベーション・タワー2013】

グリッド状に配置されたキャンパスを抜けて行くと目に飛び込んでくる超奇抜な建築が香港理工大学のジョッキー・クラブ・イノベーション・タワー。雲に解けて行くような真っ白な建築は、その外形もファサードも不思議な感じ。エントランスに行くと建築全体がうねるような形に見える。内部に入ると外形通り不思議な感じ。

【東大門デザインプラザ2014】

韓国・ソウルにある問屋市場と近代的な巨大なビルが立ち並ぶ東大門に、昨年3月に急逝したザハ・ハディドが設計した驚くべきフォルムの建築がある。「東大門デザインプラザ」通称「DDP」と言われるこの建築は、新国立競技場のザハ・ハディド案が白紙撤回された今、日本から最も近い場所にあるザハ・ハディド建築になった。東大門一帯のランドマークになっている。地下鉄2号線の「東大門歴史文化公園」駅から直結していて、むしろデザイン的連結されるような見た目になっている。地下鉄の駅から外に出ると、オウルリムスクエアという24時間解放している広場に出て、近未来SFのようなフォルムの巨大なファサード。表面がアルミのパネルで覆われいてUFOのような感じもするが、有機的にヴォリュームが連続していて生き物のような感じもする脱構築主義建築である。4つの機能と外部の広場としての役割を有機的につなげているからこそ、この流線型のフォルムが効果的に働いている。

【 東大門デザインプラザ 】

DDP - Dongdaemun Design Plaza - 東大門デザインプラザ 外観

【 東大門デザインプラザ 】

ソウル観光 ザハハディド設計 東大門デザインプラザ 内観

【望京SOHO2015】

望京エリアも地下鉄が開通し、新たなビジネス街として脚光を浴びている。その中心にあるのが「望京SOHO」のある一帯である。そこには、かつてからある米国企業のオフィス棟群があり、それらの西側の広い敷地に、特異なラウンド形状の三つの建築物が目を引く「望京SOHO」が建ちあがった。 「望京SOHO」の周りを一周してみると、観る角度によって表情を変える有機的な建物に設計の秀逸さを感じる。隣接するMicrosoft、caterpillar、ダイムラーといった世界に名だたる企業の中国本社のオフィス棟群は、通常の角張った建築物であるので、各社のロゴを除けばどこにでもありそうなオフィス棟であるが、「望京SOHO」は異質な存在感を放っている。北京市の中心部にある「銀河SOHO」をこの「望京SOHO」の姉妹SOHOとするならば、ザハ・ハディド氏の残した「個性のある有機的なフォルムの建築物群」は、異彩を放っている。ザハ・ハディド氏は他界してしまったが、彼女の思想のDNAはこの「無個性な建築設計の流れ」をくむ中国大陸にあって、より存在感を強めているように感じられる。